Apr 27, 2007

JongeriusLab


Kasese Foam Chair, Kasese Sheep Chair


Blizzard Bulbs


Felt Stool

2000年にHella Jongerius がオランダのロッテルダムでスタートさせた自身のスタジオが JongeriusLab です。Hellaはダッチデザインを代表するデザイナーのひとりで、近年ではvitraやIKEAからも作品を発表しています。90年代にはDroog Design でのプロジェクトに深く関わっており、オランダのコンテンポラリーデザインをリードしてきました。2006年には東京のhhstyle.com原宿本店で展示会を行っているので、足を運ばれたかたも多いと思います。
Kasese Chairは、アフリカのウガンダ、カセセ地方の大工が作ったイスにHellaがインスパイアされてデザインしたものです。そのフォルムと機能性に彼女は魅了されました。材質はカーボンファイバーという極めて軽いものを用いています。Kasese Sheep Chairでは座面と背もたれにハンドメイドのフェルトが施されています。Kasese Chairは、MoMAやSan Francisco Museum of Modern Artなどに収蔵されています。
Blizzard BulbsはアムステルダムのFrozen Fountainというギャラリーショップのためにデザインされたものです。Blizzard Bulbsはキャンプ用品のガスタンクに装着するランプです。ガスは一見扱いは面倒で気軽に使用する感じではないのですが、それでも災害時には大いに役立ちます。どこにでもあるガスタンクとデザイン性の高いランプシェードのミックスにより、うまくマスプロダクションとデザインをひとつにまとめています。
Felt Stoolは1997年にHellaがDroog DesignでのプロジェクトでRosenthalから発表した陶磁器のスツールがベースとなっています。陶磁器で作られたスツールは重く、冷えていて必ずしも最適な材質とはいえません。その欠点をカバーすべく、彼女は違う材質を使用してスツールをリデザインしました。ベースには鉄を用いて、そのまわりをフェルトがカバーします。外と内を異なるカラーにすることで独特なフォルムをより強調しています。
プロダクトデザインや数々のプロジェクトに参加しているHella Jongeriusですが、近年注目されているダッチデザインの牽引役として、今後の活動が期待されています。
posted by DL at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Apr 26, 2007

Feeladdicted


Suckmybic


Lucifer


Sweet Home

フランスの若きインダストリアルデザイナー Clement Eloy による Feeladdicted 。彼のデザインするアイデアはユニークというだけでなく、大変実用性に優れています。
Clementは、フランスのInstitut Superieur de Designで5年間に渡り、エンジニアリングデザインを学びました。その間に、彼は多数の企業でインダストリアルデザイナーとしてプロジェクトに参加しています。現在ではフリーランスのデザイナーとして活躍中です。
Suckmybic は2006年に、フランスの大手筆記具メーカー、Bicのワークショップとしてデザインされました。誰もが一度は手にした事のあるボールペンですが、キャップがキャンディーになっています。キャップを噛む癖のある人には最適です。5つのフレーバーで気分をリフレッシュさせてくれます。ただ、食べてしまうとキャップがなくなってしまいますので要注意です。ネーミングにもユーモアが感じられます。
Lucifer は実用性と機能性を兼ね備えたマッチボックスです。容器を逆さまにして、マッチを引き抜くと取り出し口に仕込まれたフリントとの摩擦でマッチが点火します。Luciferはマッチを取り出し、点火するという一連の動作を短縮させることを目的としています。デザインと機能性が実にうまくマッチしています。
ノートブックのパソコンを部屋で長時間使用すると、電源アダプターは熱を帯び、足先は冷えてきます。この2つの相反した問題を解決するのが、Sweet Home です。スリッパのつま先付近に入ったスリットにパソコンの電源アダプターを差し込みます。アダプターの熱がスリッパを温め、足先はあたたかくアダプタは放熱するという仕組みです。
このほかにも彼は実用性に適ったアイデアを多数発表しています。その発想はユニークで、どれもなるほどと感心させられます。

posted by DL at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Apr 25, 2007

HAYON studio


AQHayon for Artquitect


BD Showtime collection


BD Showtime collection


Together with Camper

今年のミラノサローネでも注目されている、若手スペイン人デザイナー Jaime Hayon の自身のスタジオ HAYON studio はスペインのバルセロナとイタリアのトレビソを活動ベースとしています。
1997年当時、Jaimeはベネトングループのデザイン研究機関であるFabricaで研究員をしていました。数年の後、彼はベネトンのショップインテリアや展示会、レストラン事業などのデザインを担う部署のディレクターとして任命されました。
その後2004年に独立し、HAYON studioを設立します。彼の作品はアートとデザインという隔てられた境界を越えて、独自のスタイルで2つの要素を統合しています。
2005年にArtquitectから発表されたAQHayonは、バスルーム業界を震撼させました。今までのバスルームでは見ることの無かったカラーとシェープは、バスルームをひとつの家具と捉えた結果といえます。洗練されたデザインのバスタブやシンクは、バスルームコレクションという括りを超越しています。Jaimeは、全てが白く冷たいバスルームに疑問を投げ、バスユーティリティーを家中で使うことのできる家具として扱うことを提案しています。
BD ediciones de diseñoから発表されたShowtime Collectionはミュージカルにインスパイアされた家具コレクションです。そこには、外面と内面のコントラストの探求というコンセプトが存在します。有機的なフォルムとクラシカルなディテールがコレクションを特徴づけています。
彼はスペインのシューズメーカー、Camperの店舗デザインも手がけました。ディスプレイに使われているテーブルやランプは特別にデザイン、ハンドメイドされたものです。レジスペースはオリンピックの表彰台のような真っ赤な什器になっています。店内はJaime Hayonの世界で統一され、独特の空間となっています。
Camper以外にも、シャンパンのPiper Heidsieckとコラボレートしたり、Lladroから作品を発表したりと、活躍中のJaime Hayon。今後も彼の活動から目が離せません。
posted by DL at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Apr 24, 2007

Svenskt Tenn - Lamps





floor lamp G2326, G1842, G2548


ceiling lamp T2561, T2444


Svenskt Tenn at Strandvägen

北欧スウェーデンで大変人気の高いテキスタイルメーカー、Svenskt Tenn。数回にわたり紹介してきましたが、今回はスヴェンスク・テンのランプです。
ランプにおいても、やはり、ほとんどのものがJosef Frankによってデザインされています。ヨセフ・フランクとスヴェンスク・テンとの関わりについては以前にも書いているので割愛しますが、1932年のコラボレーション以来、数え切れないテキスタイルパターンや家具のデザインをヨセフはスヴェンスク・テンに残しています。
フロアランプやテーブルライトのシェードは豊富なバリエーションから選ぶことができます。シェードをいくつか用意しておけば、簡単に部屋のイメージを変えることができます。大きなソファやチェアーに大胆なパターンのテキスタイルを用いるのは少し抵抗があるというかたには、ランプのような小物がちょうど良いかもしれません。ランプシェードのように小さなものでも、十分に存在感とユニークな空間を生み出します。
このほかにも、店舗ではバッグやポーチといった小物などヨセフ・フランクのテキスタイルを使用した製品を多数取り扱っています。店内ではテキスタイルも数多く取り揃えており、ゆっくりと吟味することができます。
また、スヴェンスク・テンではインテリアコーディネートも受け付けているのでトータルで部屋をデザインしたいかたにはお薦めです。

以前の関連記事はこちらになります。
Svenskt Tenn - Josef Frank
Svenskt Tenn - Furniture
posted by DL at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | light

Apr 23, 2007

Mijnes


box Frederique, box1


cussion choco nile, pink bird, bleu dino


diaperbag brown, flaty brown bag

オランダ西部のハーグからほど近いRijswijk(ライスワイク)という街に Mijnes は拠点を構えます。Mijnesの作品は全てハンドメイドで作られており、独特なカラーの組合せが目にとまります。主に子供部屋で使用するものが多いのですが、ポップなカラーとデザインは十分にインテリアとしても通用しそうです。
Mijnesのほとんどの商品は素材にウールフェルトを使用しています。diaper bag の底部には防水性の高い生地をしようしており、簡単に手入れができるようになっています。diaperとは、おしめのことですが、このバッグにおしめや哺乳瓶を詰めて出かければ、親子共に楽しい気分になりそうです。
box Frederiqueやbox1などのストレージボックスはサイズが20cm四方と小振りですが、ひとつ置くだけで部屋が明るくなりそうなアイテムです。物はたくさん入りませんが、その存在感は十分です。ボックスには取っ手のついたもの、フタがついたものとバリエーションも豊富です。
このほかにも、ベビーベッドに掛けて使用するcrib bagやwall bag など子供部屋を楽しく彩る小物やバッグが多数あります。デザインやカラーも豊富です。
Mijnesの商品は様々なカラーのフェルトを刺繍することで鮮やかなデザインができあがるのですが、全てが手作業のために、オーダーから納品までは少々時間がかかります。しかし、ハンドメイドならではの温かみとクオリティーのためには、それもしかたのないことかもしれません。

posted by DL at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | textile

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。