Jul 31, 2007

Quinze & Milan


MINUS+


The Groeninge Museum, Kortrijk


Puppy Love


Onitsuka Tiger meets Arne Quinze


ベルギー人デザイナーの Arne Quinze が、Yves Milan と共に立ち上げたデザインスタジオ Quinze & Milan 。ディレクターのArne Quinzeは、波乱万丈の青年期を過ごし、デザインに関しては正統な教育を受けていません。彼は15歳でホームレスになり、街を放浪しては食べ物をくすねて飢えをしのぐという生活を半年間続けました。当時の彼にとって唯一のエネルギー発散の場がグラフィティーアートでした。その後は暴走族の仲間とともに無数の電車やトンネル、壁にスプレーペンキでグラフィティーを描き、創造力を培っていきました。その間も彼はファイティングスピリットを持ち続け、その精神が彼の、物事を成し遂げる能力の源となっています。出来るはずがないと言われて初めて、そのプロジェクトへ本当の興味がわく、と彼はいいます。
Arne Quinzeが始めてデザインを発表したのは1999年、PRIMARYというコレクションでした。PRIMARYは、Quinze & Milanが独自に開発したQM FOAMという素材を使用したソファーやスツールのコレクションで、現在では世界中で販売されています。Quinze & Milanの全てのコレクションで使用されているQM FOAMとは全天候型で、防水、UVプルーフの屋外使用にも適した素材です。PRIMARYのキッズ用といえるMINUS+は、柔らかく心地の良い素材で、子供が安心して使うことのできる家具です。
2006年にQuinze & Milanは、彼らののホームタウン、ベルギーのKortrijkにあるThe Groeninge Museumの講堂と映写室のインテリアを手がけました。ホールはカラフルなRoom26という彼らの作品で構成されています。様々に組み合わされた賑やかカラーで、常にホールを明るく印象づけます。
オリジナルのコレクションだけではなく、Morosoなど多数のメーカーをクライアントにもつQuinze & Milanですが、その幅は家具だけにとどまらず、2007年には日本のオニツカタイガーとのコラボレーションも実現しています。また、Luminaire主催のチャリティーオークションのためにLove Puppyのプロジェクトにも参加しています。

自分自身の力によって人生を切り開いてきたArne Quinzeは、ボーダーラインと呼ばれるものを好まず、常に新しいものへと挑戦しています。
posted by DL at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Jul 30, 2007

Ronan & Erwan Bouroullec : installation








all images : (c)Ronan et Erwan Bouroullec

フランスのデザイナーデュオ、 Ronan & Erwan Bouroullec から、この夏の彼らのインスタレーションについて知らせが届いたので、少し紹介します。
上の2枚の画像は、スイスのVitra Design Museumで6/14から9/16までの会期で催されている MyHome 展での彼らの展示、 The Stitch Room の様子です。このMyHome展には、Ronan & Erwan Bouroullecだけではなく、Hella Jongeriusや、Jurgen Beyなど、7人のデザイナーが参加しています。
広大な敷地を持つ、スイスのVitra Campusにはデザインミュージアムだけではなく、様々な建造物が点在しています。そのひとつであるBuckminster Fuller Dome で、6/13から7/22までの期間で展示されたVitra Edition 2007へのRonan&Erwan Bouroullecの参加作品が、3枚目の画像 Rocsです。Vitra Editionは、デザイナーが技術や素材などの規制を一切うけることなく、自由に製作した作品を発表することができる展示の場です。Vitra Editionには15人の著名なデザイナーが参加しています。日本からは深澤直人氏や吉岡徳仁氏が作品を展示しています。
4枚目の画像はオランダのテキスタイルメーカー、Kvadratのパリショールームでのインスタレーションです。The North Tilesというこの作品は、ファブリックでできたタイルを自由に組み合わせて、オリジナルの壁をつくるというものです。カラーは100種以上から選べるようです。ファブリックのタイルは防音効果が高く、The North Tilesは、実用的で新しい間仕切りのかたちを提案しています。

以前の関連記事はこちらになります。
Ronan & Erwan Bouroullec

posted by DL at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | design

Jul 27, 2007

wis design


Proper


Dot Table lamp


Cloud


Pond

Svenskt Tenn や Design House Stockholm などのスウェーデン人気メーカーをクライアントに持つデザインデュオ、wis design は、北欧デザインの中心地、ストックホルムで活動しています。デザイナーのLisa Widen と Anna Irinarchos の2人は、ストックホルムのBeckmans College of Design でアートとデザインを学びました。同校を2006年に卒業したばかりの2人ですが、在学中の2005年から毎年Stockholm Furniture FairのGreen House展に参加するなど、精力的に作品を発表しています。
ProperとDot Table Lampは、2007年のGreen Houseで発表されたものです。ペンダントライトのProperは、ペティコートを連想させるデザインです。プライウッドのシェードからのぞくテキスタイルは、薄い真鍮のネットでできています。幾層にも重なる真鍮のひだが、暖かく流れるようなあかりを生みます。
レトロなフォルムをしたDot Table Lampのスウィッチは、真珠のネックレスにインスピレーションを得ています。長く伸びた数珠状のコードが特徴的なランプです。シリーズとしてフロアーランプも同時に発表されています。今年のGreen Houseでの展示、Recollectionは、wis designらしい白を基調としたクリアなデザインのものが中心でした。
CloudとPondは、ともに2006年にDesign House Stockholmから発表された作品です。Pondは、池を意味します。透明な天板をひとつの水辺、池と捉えたテーブルです。睡蓮を連想させるベースが6mm厚のガラス天板を支えます。ガラスを通して生み出されたベースの影が、床面に涼しげな水辺のようなシルエット浮かび上がらせます。
若手女性2人による wis design は、次世代のスウェディッシュデザインを担うデザイナーのひとりとして、今後も注目を集めていきそうです。
posted by DL at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Jul 26, 2007

Kiki van Eijk : installation









以前に紹介したオランダ人デザイナー、Kiki van Eijk から、先日開催された2つの展覧会での様子が送られてきましたので、少し紹介したいと思います。
上の2枚の画像は、6月に催された DesignMiami/Basel での彼女のインスタレーションです。DesignMiamiは、あまり日本では知られていないデザインイベントですが、今年で第3回目となります。スイスのBasel(バーゼル)で6月に、フロリダのマイアミでは12月に開催されています。2006年のマイアミでは、Zaha Hadidのインスタレーションが話題となりました。規模は大きくありませんが、いくつかのギャラリーが展覧会を併催し、イベントを盛り上げています。
Kikiは、バーゼルでのDesignMiami/Baselで、Designer of the Future という賞にノミネートされています。2006年の同賞は、イギリスのEstablished & Sonsに与えられています。
下2枚の画像は6月から7月にかけてイタリアのヴェネチアのギャラリーで開催された展覧会の様子です。現在、ヴェネチアはビエンナーレの期間中でもあります。水上に浮かぶギャラリーには多くの人々が訪れたようです。陽の光がさんさんと降りそそぐ明るいギャラリーに、モノトーンのKikiの作品が良く映えそうです。
これからスタジオはホリデーに入るそうですが、リフレッシュした後の彼女の新しい作品に期待したいです。

以前の関連記事はこちらになります。
Kiki van Eijk
posted by DL at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Jul 25, 2007

Wieki Somers


Bathboat


Phantom


High Tea Pot


Departed Glory

オランダのロッテルダム近郊、Schiedamという街にスタジオを構える Wieki Somers 。彼女は、ガラスやセラミックを中心に家具やテキスタイルなど幅広く作品を発表しています。
Wieki Somersもオランダ人デザイナーの例にもれず、the Design Academy Eindhoven でデザインを学んでいます。2000年に同校を卒業した後、2001年からは積極的に展示会に参加し、作品を発表しています。彼女は、Droog Designとの親交も深く、Droog Designからシガーボックスをモチーフとしたカップボードやワードローブを発表しています。様々なプロジェクトに参加しているWiekiですが、現在は中国でのプロジェクトのため、ひと月ほど中国に滞在中ということです。
Wieki Somersは、日常使用するものにアイデアを加え、新しく詩的な息吹を与えます。人々が日々囲まれているオブジェクトをどのように利用するかに興味を持ち、そのオブジェクトに隠れた可能性や美しさ、物語を引き出そうと試みている、と彼女はいいます。社会で必要とされずに捨てられる消費財ではなく、末永く愛用できる価値のある製品が求められているとWiekiは考えます。
ボートの形をしたバスタブ、Bathboatは、水上を浮かぶボートと湯水に浸かる入浴との類似点を結びつけた作品です。バスタブを支える脚は、波止場でボートを舫う止め木を模しています。日常から非日常への境界線となるバスタブを、Wiekiらしいアイデアで満たした作品です。
幻想という名のPhantomは、フランスのDomesticというメーカーの出しているステッカーシリーズ、Vynilのためのデザインです。画像を見るとおやっと思うところがあります。イスから伸びる影がイス本体と異なるシルエットをしています。Phantomは創造上の影を作り出すステッカーです。この他にも窓ガラスへ貼る架空の木々や、花のない植物のための花の咲いたシルエットなどユーモラスなデザインがあります。
High Tea Potは、陶器でできた動物の頭蓋骨にミズハタネズミの毛皮を被せたティーポットです。High Tea Potには、動物を過度に脅かす人間の自己満足に対するWiekiの皮肉がうかがえます。ものものしい雰囲気を持つHigh Tea Pot ですが、毛皮によって飲み物が冷めないという古来からの実用性も兼ね備えています。

posted by DL at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | design

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。