Sep 07, 2007

Interview 04 : Alexander Taylor



Scroll down for English.


イギリスを代表する若手デザイナー、Alexander Taylor 。現在はロンドンを離れ、ドーバーに程近いケント州のDeal(ディール)という街を拠点に活動しています。
今回はAlexanderに、デザイン論やロンドンの魅力など、いくつかの質問に答えてもらいました。


DL(以下D): デザイナーになったきっかけは何かありますか?
Alexander (以下A) : 実際にデザイナーになろうと真剣に考え始めたのは、大学をいよいよ卒業するという年になってからなんだ。その頃、様々な素材を使ってものを作ってみて、おもしろいものができたんだ。それからいろんなデザイナーや建築家のもとで学んだけれど、そのうちにもっと自分自身の作品を制作したいと思い始めたんだよ。

D: 最も敬愛するデザイナーは誰ですか?また、どの様な影響を受けましたか?
A: 直接何か影響を受けたという特定のデザイナーは思いつかないな。デザインのいろいろな側面はもちろん、これが一番大事だと思うけど、身の回りの出来事から様々なものを吸収したいと思っている。業種を問わず、その分野で卓越している人からはインスピレーションを受けるね。ErnestRaceにJean Prouve、 Achille Castiglioniといったデザイナーの作品は、とても素晴らしいと思う。素材や製作過程を理解し、生産性に配慮した実直なデザインが好きだね。

D: あたらしい物をつくるときにインスピレーションを受けるものはありますか?
A: 時にアイデアがふっと湧いて来ることもあるけれど、実際コンスタントにアイデアを出し続けるのは難しいと思う。僕の場合はアイデアに実体が伴わなければ早い段階でそれを捨ててしまうこともある。僕はだいたいまず素材や製品、クライアントが求めているものについてのブリーフィングを製作して、その後に何ヶ月もかけてコンセプトを練り上げていくんだ。ふとした瞬間にアイデアが浮かぶこともあるよ。例えば、Antlers coat hanger(シカの角をモチーフとしたハンガー)は、スキー旅行から帰ってきてから1,2週間後に思いついたんだ。アイデアがはっきりとしていたから、1時間半くらいでデザインが完成したよ。

D: デザインをするときに、気をつけていることはありますか?
A: 先にも述べたけど、デザインを決定するには実体や理由が必要なんだ。単に視覚的な要素だけではなくて、製作という観点からフォルムや機能というものをきちんと考慮しなくちゃならない。どんなデザインも正当な理由が必要だからね。もちろんユーモアと個性のある作品も好きだよ。

D: 今後チャレンジしたい素材や技法はありますか?
A: いつかペットボトルや電話などのマスプロダクションをデザインしてみたいと思ってる。たぶんそれは新たなチャレンジになるだろうし、それだけの規模のデザインをすることは、ものすごくやりがいがあると思うよ。

D: 訪日したことはありますか?もしあれば、その時の印象を教えてください。
A: 日本へは2度行ったことがあるよ。東京のE&Yのためにデザインした作品の出展で、どちらも11月のデザインウィークのときだけど。毎回東京はすごいところだと感激したよ。日本中のもっといろいろなところへ旅行してみたいね。

D: デザインという観点から、日本の伝統や文化についてはどう思いますか?
A: 日本のデザインシーンで僕がまず気付く点は、物事を完璧にしようとする欲望と情熱かな。間違いなくそれは小売業をはじめとする素晴らしいカルチャー構造に現れているよね。

D: ディールの街の良いところと悪いところを教えてください。
A: ディールへは昨年の終わりに家族と共に、広い空間と新鮮な空気を求めてロンドンから引っ越してきたんだ。ロンドンはとても刺激的で素晴らしい街だけど、環境を変えるのも結構良いものだよ。今の住まいは海のそばにあるんだ。まだまだ手直しするところがいっぱいある家だけれど、僕にとってはそれもクリエイションのきっかけになるよ。

D: ロンドンについてはどうですか?多くの人がロンドンを目指しますが、ロンドンのどのような点に人々は惹きつけられるのでしょう?また、このインターネット時代においても、まだ大都市にこだわる必要はあると思いますか?
A: ほかの大都市と同様にロンドンはエネルギーに溢れている。ロンドンでは自分が自分でいられるし、特にクリエイティブなエリアでは最新のアイデアやトレンドに触れることができる。そこに人々は惹かれるんじゃないかな。大都市では、全てのレベルでその業界の人間に会う機会があるし、その出会いこそ早い段階でキャリアを築く手助けとなり、間違いなく様々な可能性をもたらしてくれる。この人と人との関わりがとても大事なんだと思う。もちろん直に新しい作品に触れられるということもだけれど。インターネットは郊外にいても仕事をしやすくしてはくれるけど、僕はやっぱり1,2週間に一度は街へ出てるよ。

D: デザインを学ぶ日本の若者やデザイナーを目指す人に何かアドバイスをお願いします。
A: 僕からのアドバイスは、とにかく作ること!いつも僕はモデルを作るようにアドバイスしてるんだ。とくに最初は自分で制作・供給できるものをデザインすることに専念するようにとね。製造や素材についていくらか経験を積んでいくと、それがその後のデザインプロセスで大きな助けとなるんだ。パソコンの画面に向かってデザインしているよりも実際に立体物としてデザインを実体化することがとても大事だと思うよ。

Cheers, Alexander!!
This is absolutely fantastic to read for everyone right here, no doubt.


D: What brought you to be a designer?
A: Actually I only really became seriously interested in my final year at university, when I began experimenting and creating with various materials with some interesting results, then I began to follow various designers/architects work and became determined to realise and produce more of my own pieces.

D: Who is the designer you respect the most? And in which way has she/he influenced you?
A: I am not sure any individual designer has influenced me directly I try to take influence from many different aspects of design as well as most importantly of all what goes on around us. I take inspiration from people who excel in their field whatever it may be. I have a few designers who's work I have great admiration and they are Ernest Race, Jean Prouve and Achille Castiglioni. I like good honest design which has a consideration to production and is developed around understanding materials and engineering process.

D: What inspires or leads you to new creation?
A: Sometimes ideas just come, I actually find it difficult to constantly have ideas because for me everything has to have substance or I will discard it early in the development process I mostly create a brief around a material or production or I might look at what I think a company requires and then develop concepts often for many months. Other times its just a moment for example the Antlers coat hanger was actually a couple of weeks after returning from a skiing trip and it was just so obvious and I designed the piece in about half an hour.

D: What do you care about when you design a product?
A: As I have mentioned there has to be substance and reason for making decisions about the design, the form/function of the product must be considered not simply from a visual perspective but from a production perspective, every design decision must be justified. I also like products to have humour and personality.

D: Are there any materials or innovations that you would like to try in the future?
A: I would very much like the opportunity one day to design something for mass production, by this I mean something like a plastic bottle or a telephone etc. I think it would produce a completely new challenge and be highly rewarding to see a product I have designed in such volume.

D: Have you ever been to Japan? If you have, where did you go and how did you like it?
A: I have been twice, each time for design week in November as I have designed pieces for E&Y based in Tokyo. Each time I have been really impressed with the the city and would like to spend time traveling to more places in Japan.

D: What do you think about Japanese cultures or traditions from a design perspective?
A: One thing I could not help but become aware of the desire and enthusiasm to do things in the best possible way and this undoubtedly has resulted in some quite amazing architecture especially with the retail culture.

D: How do you describe the city of Deal where you've settled? in good or bad way?
A: I moved out of London at the end of last year with my family for more space and some fresh air, London is pretty intense and great for a while but then it is really good to have a change of environment. Now we live next to the Sea and have house which needs a lot of work doing to it but will allow for me to have some creative opportunities.

D: What about London? People often head there, which aspects in London do you think they are fascinated with? Do you think that we still have to gather round big city in this internet era?
A: London offers energy as with any large city. I think people are drawn to London because it offers the freedom to be who you want to be and to be in touch with the latest thoughts and trends especially within the creative environment. I think it offers the opportunity to meet people within the industry at every level and this undoubtedly can open doors and help with your career in the early stages. Its this interaction with people which is so important, as well as being able to see new work first hand. The internet era has made it easier to work out of the city however personally I still travel in every couple of weeks to keep in touch.

D: Any advice or tip to young japanese who are studying design and aim to be a designer?
A: My advise is to make! I always try and advise people to make models and actually in the beginning to concentrate on designing product they might be able to self produce and supply. If you can gain some experience with manufacturing and materials then this will all help the design process,I believe it is so important to try and realise designs in 3d as opposed to just designing on a computer screen.


posted by DL at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | interview

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。