Nov 08, 2007

Akasaka Zero Exhibition: vol.2


Naoki Hirakoso Slitta


Rie Takenaka Bean


Chris Gurney Tatami Flight Chair


Takumi Ichihara Rainbow Bookshelf

引き続き、赤坂アークヒルズ/カラヤン広場で開催されたゼロ展の様子。ここに取り上げたもの以外にも、興味深い作品がたくさんありました。
今回からゼロ展と名前を変えた展示会ですが、若手デザイナーにこの展示を出発点として欲しいという思いに由来しているそうです。どの作品も大変クオリティが高く、参加デザイナーの今後の活躍に期待が持てます。
まだまだ規模の大きくないゼロ展ですが、若手デザイナーの良き作品発表の場として今後も長く続いてゆけばと思います。

木のぬくもりを感じるラウンジチェアは、平社直樹 氏によるSlitta。シンプルでクリアなフォルムです。
武中理恵 氏によるBeanも木目を活かした作品です。いろいろな座り方を提案するチェア。年輪のように幾層にも木をあわせて作られています。
クリス ガーニー 氏によるタタミ・フライト・チェアは座面が藺草畳になっています。背板には江戸小紋があしらわれています。江戸の伝統技術を駆使した作品です。
子ども部屋に虹がかかる様子をイメージしたという本棚は、市原巧 氏によるにじのほんだな。子どもが楽しみなら整理整頓を学ぶことができそうです。


posted by DL at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | tokyo desiners week

Nov 08, 2007

Akasaka Zero Exhibition




Ryuji Nakamura Hechima 3


Apart≡Apart Disco


Yuji Morimoto Meji

東京デザイナーズウィークのエクステンションイベントとして赤坂アークヒルズで開催されたのがゼロ展です。前身として同会場では例年、プロ作品展が開催されていたのですが、2007年からゼロ展として新しく生まれ変わりました。
ゼロ展では新たに年齢制限を設け、40歳以下の若手デザイナーが作品を発表する場となっています。今回は59組のデザイナーが展示を行いました。会場は屋外ということもあって開放的で、展示スペースもゆったりとしたものでした。
展示は10/31〜11/4までの5日間の会期で行われました。デザイナーズウィーク最終日に神宮外苑で行われた Tokyo Design Premio 授賞式で、ゼロ展の部では5作品がアワードを受賞しています。
画像の3作品は受賞作。そのほか景山知史 氏の土に還る椅子、柴田映司 氏のマングローブチェアが受賞を果たしています。

ヘチマ3は、紙で出来ています。網状の紙を接合しできたパターンがヘチマの繊維のような中空構造を生んでいます。フロアに浮き出る影も美しいです。
大きなプレートのように見えるのは、アパート≡アパートのディスコです。ディスコは二人掛けの家具なのですが、微妙なサイズになっており、二人で座るためには互いに気を使わなくてはなりません。人とのコミュニケーションに焦点をあてた家具です。
メジイスは、タイルの目地がそのまま盛り上がりイスになったものです。ユニークな発想で素晴らしい着目です。

Tokyo Design Premio Winner:
森本裕持 メジイス
アパート≡アパート ディスコ
景山知史 土に還る椅子
柴田映司 マングローブチェア
中村竜治 ヘチマ3
posted by DL at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | tokyo desiners week

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。