Nov 12, 2007

DesignTide : vol.2


photo 01


02


03


04

DesignTideの様子をもう少しお伝えします。
今回南アフリカのケープタウンから参加したのは、写真01のHeath Nashです。彼は使用済みのプラスチックボトルを花びらのように切り取り、ワイヤーでつなげることによってカラフルなランプシェードを作ります。ともするとケバケバしい洗剤などのプラスチックボトルですが、南アフリカの伝統的な技法によりリサイクルされひとつの作品としてよみがえっています。白色のプラスチックのみで構成されたシェードは製品化されているとのことです。
02は、ノルウェーからのNorway Saysによる展示。今回はシンプルなシェードを持つペンダントランプ Ginko を展示しました。Ginkoはシェードの直径が約55cmと写真でみるよりも大ぶりです。
同じく北欧スウェーデンからは、We Are Going Undergroundのインスタレーションです。WAGUは、2005年に始まり、以後ストックホルムのファーニチャーフェア期間中に地下室やボイラー室などを会場に展示を行ってきました。今回のデザインタイドでは参加メンバー8組全ての作品が展示されました。作品の配置をカラーごとに統一感を持たせるなど、全体にバランスの良い展示でした。
04はKim Songheによるシャンデリア。彼女はハンドメイドでほとんどの作品を制作しています。写真では少しわかりにくいのですが、今回出展のシャンデリアには白色のスニーカーが多数使用されています。彼女の世界観は独特ながら評価も高く、先日は丸ビル内のH.P.Franceのウィンドウディスプレーを手がけました。


posted by DL at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | tokyo desiners week

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。