Nov 13, 2007

100% Design Tokyo


photo 01


02


03


04

しばらく Tokyo Designer's Week でのイベントをお伝えしてきましたが、そろそろしつこくなってきたので今回で締めくくりとします。
東京デザイナーズウィークは、今年2007年で22回目の開催となります。2006年の来場者数は約75,000人と年々規模を拡大していおり、今年は100,000人を見込んだということです。実際の来場者数はまだファイナルリポートがでていないので不明ですが、メインの展示となる見本市100% Design Tokyo のテントも前年より大幅に拡大しているので、来場者数も2006年を上回ると予測されます。
2007年はLOVEをテーマとし、クリエイティブディレクターにデザイナーのMichael Youngを迎えました。神宮外苑前の会場には彼のデザインした直径約3Mのモニュメント Love Button (写真01)が設置されました。また、100%のテント内エントランス付近には巨大な3Dハート型のシャンデリア Sex Toy が展示され人々の目を惹いていました。

神宮外苑の会場では、100% Design Tokyo 以外にもTDWの関連イベント、 Japan Brand Exhibition や例年開催されている Container Ground 、学生作品展などが開催されました。
今回は日本で2回目というBlickfangが同時に開催され、中欧を中心としたヨーロッパの作品を見ることが出来ました。Blickfangでは、ファッションやアクセサリー、インテリアといった分野の50人のデザイナーが作品を展示し、販売しました。Blickfangでは、デザイナーと直接話をして作品を購入することができるので、そのコンセプトなどをより深く知ることができます。
写真02は会場でひときわ注目を集めていたオーストリアのInseq Designによるトースター、Zuse 。12X12ピクセルのグラフィックがパンに浮かび上がります。メモリーチップによりいくつかのパターンが焼けるそうです。
写真03、04は、チェコのOlgoj Chorchojによるテーブルウェア。チェコはガラス工芸が有名で、クオリティも高いです。

Tokyo Designer's Weekでは、神宮外苑前のほかにも都内各地のショップによる Shop Exhibition 、以前に紹介した赤坂ゼロ展など多様なイベントが開催されました。
10/31〜11/4までの期間中は東京がデザインに彩られる、まさにデザイナーズウィークとなりました。


posted by DL at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | tokyo desiners week

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。