Nov 19, 2007

Peter Andersson


Tilt


Sack


Rialto


Set Piece

スウェーデンのストックホルムで活動するフリーランスのデザイナー Peter Andersson
彼はKonstfackでインテリアデザインとファーニチャーデザインを学んでいます。Konstfackを卒業すると自身のスタジオを設立し、国内外のメーカーをクライアントに作品をリリースしてきました。スタジオはThomas BernstrandやMatti Klenellら数名のフリーランスデザイナーとシェアしています。なかでもMatti Klenellとは、数々の作品でコラボレーションしています。

2本の風変わりな脚を持つイスはTiltです。Tiltは前2本の脚を宙に浮かせ、後ろ2本の脚でブラブラとバランスを取ることができるユニークなイスです。子どもの頃に学校の学習イスでよくやっていた、あれです。後ろに転倒しないように、後方2本の脚はロッキングチェアのような形状をしています。TiltはSkona hem MagazineによるFurniture of the Year 2006を受賞しています。製品化はスウェーデンのNC Moblerです。
Sack、Rialtoもまた、NC Moblerからリリースされています。Sackは2007年の新作で、木製のフレームにテキスタイルのカバーを被せます。Rialtoは、木材の組み方に特徴のあるチェアとテーブルのシリーズです。テーブルの脚などもよくみると独特な組み方をしています。
Set Pieceは一見すると通常の1人掛ソファのようですが、ところどころの面の内装がむき出しになっています。このソファはイギリスのオンラインショッピングサイト、20LTDのために7個限定で製作されました。完全なリミテッドエディションということで価格も自動車一台分以上のものがついています。

Peter Anderssonは、各地の展示会に多数参加しており、様々な賞を受賞するなど高い評価を得ています。
最近では先のDesignTideにWe Are Going UndergroundのメンバーとしてThomas BernstrandやTAFら、スウェーデンのデザイナーたちと来日しました。
また、デザイナーとして活動する傍ら、2006年からはKonstfackで教鞭を執っています。

以前の関連記事はこちらになります。
DesignTide : vol.2
Bernstrand & Co


posted by DL at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。