Dec 10, 2007

Helena Horstedt






from Collection No 2


from Collection No3

ストックホルムで活動するファッションデザイナーの Helena Horstedt は、2004年に Beckmans School of Design を卒業すると自身のレーベルを立ち上げました。
Helena Horstedt の洋服はハンドメイドで、伝統的な仕立てを取り入れながら、その構造や細部に至る高い技術を強くアピールします。彼女が服作りにハンドメイド取り入れるのは、本物の仕立てやハンドメイドの質感が洋服にかけがえのない価値を与えると考えるからです。手職というものが、常に彼女のデザインの構造やインスピレーションの大きな部分を占めています。彼女にとって洋服は、有用なだけではなく視覚的にも魅力溢れ、また、情熱を掻き立てるものであり、見る人に驚きを与えるものであるべきだといいます。彼女の作品からはその思いが十分に伝わってきます。

Helena Horstedt のデザインしたコレクションはUNG(Young Swedish Design) 06/07にも選考されています。審査員の評によると、50年代のオートクチュールを彷彿とさせるデザインの中に、シャープなエッジとモダンな要素が多分に盛り込まれている点。そして、確かなデザインセンスと美しい飾りひだ、ハイレベルな職人芸が高く評価されたようです。

上2枚の画像は、Helena Horstedt の最新作。下2枚の Collection No2、No3と同様にブラック一色の美しいドレープを多用したドレスのコレクションとなっています。
ハンドメイドなので生産数が限定的ではありますが、その造形美は人々の目を惹き、確かなクラフトマンシップを感じさせます。


posted by DL at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | textile

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。