Feb 29, 2008

Sanna Annukka










イギリスのBrighton出身のイラストレーター、Sanna Annukka
彼女はthe University of Brightonでイラストレーションを学びました。大学では特にシルクスクリーンを中心とした作品を製作し、それ以来、そのシリーズを卒業後も毎年少しずつ新しいキャラクターを増やしながら続けています。

Sanna Annukka は、イギリス人の父とフィンランド人の母を持ちます。幼い頃から夏には母の母国であるフィンランドを訪れ、自然の中でスイミングや釣りなどをして過ごしました。またラップランドへの旅行から、彼女は大きな影響を受けました。幼少期を過ごしたフィンランドでの自然に囲まれた環境が、後の彼女の作品に多大な影響を与えています。
もうひとつの大きなインスピレーションは、Kalevala(カレワラ)というフィンランドの叙情詩です。古くからフィンランドに伝わる民話や寓話を紡いで編まれたというカレワラは、彼女の作品の大きな拠りどころとなっています。

Sanna Annukkaの名前を一躍世に知らしめたのは、Keaneというイギリスミュージシャンのセカンドアルバム Under the Iron Sea のアートワークを手がけたことです。バンドメンバーのひとりが、友人宅でたまたま彼女のポスターを目にし、バンドの作品イメージと彼女の作風がマッチするということで、Sannaがイラストレーターに起用されました。
アルバムジャケットは、タイトルを連想させる大海原と勇ましい馬のイラストです。シングルカットされたIs It Any Wonderのジャケットには3人の兵隊が描かれています。彼女はアルバムジャケットのほか、ブックレットやシングルジャケットまで、トータルでKeaneの作品に携わりました。歌詞カードでは、曲ごとのイメージに合わせたイラストを挿絵としてデザインしています。

現在、Sanna Annukkaは、Big Activeというデザインエージェンシーに所属する傍らで、自身の会社を設立しオリジナルの作品を制作しています。異国情緒あふれる彼女の作品は明るく賑やかで、見ていて楽しくなるものが多くあります。
posted by DL at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Feb 28, 2008

Stockholm Furniture Fair 2008 : vol.3


Designboom Mart
photo by Magnus skoglof



Press Room
photo by Magnus skoglof



Press Room
photo by Magnus skoglof


Stockholm Furniture Fair 2008についてはすでに何度か 取り上げているのですが、会場 の模様をもう少しだけ追加します。

Designboom Martは、GreenhouseやNorthern Light Fairなどと並ぶ、今年のStockholm Furniture Fairのハイライトのひとつです。
Designboomはミラノをベースとした、デザイン情報を幅広く発信するウェブサイトで、読者はイタリアだけでなく世界中に及びます。そのDesignboomが主催するDesignboom Martは、デザイナーが作品やプロトタイプを展示即売する場です。Designboom Martは、過去にニューヨークやパリ、昨年は東京でも開催されています。ストックホルムでの開催は今回が初めてとなりますが、多くの来場者を集めたようです。Designboom MartもGreenhouse同様に、若手のデザイナーやクリエーターにとって、自分の作品をアピールし売り込む恰好の場となっています。また、来場者にとっては、デザイナーと直接話をする良い機会となります。

プレスルームは、取材関連者用のワークステーションなので一般の来場者は入ることが出来ないのですが、今回のフェアではこちらもきちんとオーガナイズされました。プレスルームにセットされたのは、ストックホルムのデザインスタジオ FORM US WITH LOVE によるイスやテーブルです。彼らは新鋭スタジオながら高い評価をえており、デザインウィーク期間中にストックホルムのNKデパートでもConstructiveという展示を行いました。

以前の関連記事はこちらになります。
Stockholm Furniture Fair 2008
Stockholm Furniture Fair 2008 : vol.2
FORM US WITH LOVE : Constructive
posted by DL at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Feb 27, 2008

Stockholm Furniture Fair 2008 : vol.2



Greenhouse
photo by Gustav Karlsson-Frost 


photo by Magnus skoglof 

Stockholm Furniture Fair 2008 の新しいリポートが先日出ましたので、フェアの結果や会場の様子をもう少しお伝えします。

今年のStockholm Furniture FairとNorthern Light Fairには、2/6〜2/10までの5日間の会期中に、併せて約39,000人が訪れました。そのうちのおよそ5,500人がスウェーデン以外の国からの来場でした。2つのフェアへの来場者は、昨年に比べると若干ではありますが、減少しています。その一方でデンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国からの出展や来場は増加の傾向にあります。特にデンマークからの来場者の伸びが顕著で、昨年よりも12.5%多い約850人が会場を訪れました。
Stockholm Furniture Fairは、北欧デザインのトレンドやマーケットの動向を垣間見るための見本市というポジションを、着実に固めつつあります。

見本市の会場には、各メーカーのブースはもちろんのこと、照明メーカーが展示を行う Northern Light Fair や若手デザイナーやデザイン学校の生徒たちの作品発表の場であるGreenhouse など、見所となる展示が多数あります。
特にGreenhouseは毎年来場者の注目を集めている展示で、今年は2007年に引き続きストックホルムの建築デザイン事務所のTAFが会場デザインを行いました。今年のGreenhouse会場のテーマは、villageということで、各ブースは村落をイメージしたテントのようなデザインとなっています。一段高い場所から会場を見渡すと、ブースの集合体があたかもひとつのvillageのように見えます。
Greenhouseは、若手デザイナーの展示の場といえど、そのクオリティは非常に高く、この展示を出発点とするデザイナーは数多くいます。現在高い評価を得ている、NorwaySaysやFrontなどもかつてこのGreenhouseで展示を行いました。
Greenhouseへの展示作品は、製品化されていないものに限られ、参加するデザイナーは、審査員の選考によって決められています。審査委員会は、デザインジャーナリストやプロデザイナーなど数名で構成されており、今年はClaessonKoivisto RuneのOla Runeも審査に参加しました。

以前の関連記事はこちらになります。
Stockholm Furniture Fair 2008
posted by DL at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Feb 26, 2008

Meuble Paris


(c) Fred Leveugle


(c) Anne-Emanuelle Thion

(c) Anne-Emanuelle Thion

パリで毎年1月に開催される家具見本市の Meuble Paris
Maison et Objetを紹介した際にも触れましたが、どのような見本市なのかもう少し説明を加えます。

meubleとは家具という意味のフランス語で、Meuble Parisは、その名の通り家具に特化した見本市です。今年のMeuble Parisは、Maison et Objetとほぼ同時期の1/24〜1/28の会期で開催されました。展示場となったのはParis Le Bourgetという見本市会場で、Maison et Objetの会場とはシャトルバスで往来することができます。
会場では471のブランドが展示を行い、5日間の会期中には約26,000人が訪れました。そのうちのおよそ35%、約9,000人がフランス以外の国からの来場者でした。
展示は、クラシカルな家具のAtomosphere、モダン家具のLivingという大きく2つのグループに分けられ、それぞれがさらに細かくカテゴライズされています。Atomosphereは、アンティークコピーなど年代家具のEpoque、民族調のethnic、インドアとアウトドアのIn&Out、伝統的な家具のClassic、カントリー調のCharmeの5つに分けられています。Livingは、最新家具のLoft、現代家具のToday、リラクゼーション家具のSoft、子供部屋向けのKidsと4つのカテゴリーからなります。会場にはFrancesca AvossaとIsabelle Cohendetによるビジュアル演出が施され、展示に大きな流れを加えました。
Meuble Parisにおける2008年のCreateur de Lannee(クリエーター・オブ・ザ・イヤー)には、フランスの巨匠 Pierre Paulin が選ばれました。

Pierre Paulinについて少し紹介すると、彼は1927年フランス生まれで、50年以上活動し続けているデザイナーです。50年代からフランスのThonetやオランダのArtifortから多くの作品を発表しおり、Artifortではメインデザイナーとして50以上のモデルをデザインしています。また、インテリアの分野では、ルーブル美術館のデノンウィングやポンピドゥー大統領時代のエリゼ宮のリノベーションなどを行いました。

以前の関連記事はこちらです。
Maison et Objet
posted by DL at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Feb 25, 2008

Dirk Winkel


A Stacking Hommage




Discu Table


Salom Stool

ベルリンで活動している新鋭デザイナーの Dirk Winkel
彼は、2007年にUniversitat der Kunste Berlin (UDK)を卒業したばかりの若手デザイナーです。UDKの卒業制作としてデザインしたA Stacking Hommageが高い評価を受け、一躍その名を馳せました。
フリーランスとして活動を始めたばかりのDirk Winkelですが、2007年に、ベルリンのデザインイベントDesignmaiでのDMYや、ロンドンのTENT LONDONなどに参加しています。

A Stacking Hommageは、過去の名作チェアをプラスティックで再現したもので、ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナチェア、イームズのラウンジチェア、そしてコルビュジエのLC2という3大チェアがモデルとなっています。どのモデルもスタッキングできるという点が重要視されています。ラウンジチェアも、本体、オットマン、脚の全てがスタッキングできます。これは輸送コストを削減し、イスの価格を抑えることを目指したものですが、結果として作品の大きな特徴となっています。ただ、本来輸送面でのメリットのためのものなので、ラウンジチェアの脚は組み立てると、分離しなくなりスタッキングできなくなるようです。
Discu Tableは、MDFとスチールシートによるテーブルです。脚となるスチールフレームは、軽量化と強度の点で有利なL字断面を持つ構造となっています。Discus Tableには画像のような丸テーブルのほかに、天板が四角い四つ足のものがバリエーションとしてありますが、そちらは2007年のTENT LONDONのプレスルームに設置されました。
Salom Stoolは、2005年にUDKのサロンのためにデザインされたスツールです。湾曲した座面は座り心地を考慮したものですが、逆さましてスツール同士を積み重ねることも可能です。

ドイツの注目デザイナーのひとりであるDirk Winkelですが、今年はミラノサローネへの参加を予定しているということです。
posted by DL at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。