Mar 14, 2008

Broberg & Ridderstrale


Cone Speakers


Gulliver


Wimbledon


Frame

ストックホルムを拠点とする建築デザインスタジオの Broberg Ridderstrale Design & Architecture(BRDA)。
スタジオはMats Broberg 、 Johan Ridderstraleの2人のコラボレーションにより、建築とプロダクトデザインを手がけています。
2人はKonstfackでインテリアデザインと家具デザインを学びました。Konstfackには2006年まで在籍していましたが、在学中から作品を発表し、展示会に出展したりと活動をはじめています。日本の展示会では、2004年にTokyo Designers BlockやContainer Groundなどに参加しています。また、Swedish Styleにも2004年、2005年と参加しました。

Cone Speakersは、サウンドを表すアイコンにインスパイアされたスピーカーです。音量などサウンドにまつわるシンボルとして広く使用されているコーン型のアイコンを、そのまま実物のスピーカーとして再現しています。高品位のスピーカーをデザインする場合には、音響学のルールが重要視され制約を受けるのですが、技術的な要件を満たしさえすれば、ある種のデザインはとても優れているといいます。このコーン型もそのひとつで、ベーシックなフォルムは機能性に優れており、部屋の隅にセットすればフロアから上方へと部屋の中心に向かって対角に音を出力します。Cone Speakersは、2007年にWallpaper Design AwardのBest Domestic Applianceを受賞しています。
その名の通り大きな街灯用のランプシェード Gulliverは、人々の公共設備に対する認識を変えようと2003年に始まったプロジェクトです。街灯だけでなくベンチや電話ボックスなどの公共設備は、概して決まったイメージを持っています。その公共設備にインテリアに類型される要素を持ち込むとどうなるのか、というテーマにBRDAが取り組みんだのがGulliverです。彼らはストックホルムの街なかにあるいくつかの街灯にGulliverをセットしてみましたが、インテリアの要素が加わった風景は、斬新で歓迎的な雰囲気となりました。Gulliverは、2004年にロンドンや東京でも展示されています。
WimbledonとFrameはともに、スウェーデンのNolaがStockholm Firniture Fair 2008で発表した、BRDAの新作です。Wimbledonは名前からもわかる通り、テニスのラケットからインスピレーションを得たイスで、メッシュのような座面とバックレストはスチールを使用しています。
Frameは、直線的なシェイプの四角いプランターです。サイドの4面が内側上方に向かって少しくぼんでおり、プランターのリムと取っ手がひとつになっています。この一連のフォルムが、絵画のtromp l’oeil(だまし絵)のような効果を生んでいます。




posted by DL at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Mar 13, 2008

Spaksmannsspjarir









アイスランドのレイキャビクに店舗を構えるファッションレーベルの Spaksmannsspjarir
Spaksmannsspjarirは、1993年に2人のファッションデザイナー Bjorg と Vala によって設立されました。レーベル名は、英語でwisemen's clothing というような意味になります。

彼らのデザインする洋服は、知的で自立した女性を意識していますが、決して何か特別なイメージを押し付けるものではありません。コレクションは、個々の女性の独自性を強調するものであり、可能性の幅を拡げる手助けをしてくれます。Spaksmannsspjarirの服をまとうことで、着る人の雰囲気や状況に応じた女性らしさや機能性、人と違った特色などが、それを身に着ける人にプラスされます。

Spaksmannsspjarirのコレクションでは、コントラストというものが非常に重要な役割を果たしています。男性的な要素と女性的なカット、ノスタルジックなシェイプと近代的な材質、それらの相反する要素が繋がり混ざり合って、調和の取れたコレクションを形成しています。
コレクションは、ブラックやホワイト、ブラウンといった自然な色合いを基調としています。カットやシェイプは個性的でありながらも、決して流行を追ったものではありません。
ファッションというと、どうしてもイタリアやフランスを思い浮かべますが、Spaksmannsspjarirは、それらに匹敵するアイスランドを代表するファッションレーベルとして高い評価を得ています。

posted by DL at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | textile

Mar 12, 2008

VIA







images (c) M.Boure

フランスのNPO団体のひとつに、家具やライティング、テキスタイルなどホームファーニッシングの安定と国内外での促進を目的としてたVIA(Valorization of Innovation in Furnishing) という組織があります。
VIAは、1979年にCODIFA(French Furniture Industries Development Committee)がフランス産業省の支援を得て設立しました。
VIAでは、フランスインテリア業界の発展のために、デザイナーのサポートやメーカーへのコンサルティングなど多様な活動を行っています。その活動の対象は、大きな工業グループから中小企業、個人活動の職人やクリエーターまで様々です。VIAは何度か移転を繰り返していますが、1995年からパリ12区のViaduc des Artsを本拠地としています。5つのアーチが韻律的に調和する900M2の敷地は、フランスの代表的な建築家 Jean-Michel Wilmotte によってリノベートされました。

VIAの主たる活動のひとつが、クリエーターのサポートですが、奨学金やプロトタイプを製品化するための手助けなど、VIAは若手デザイナーや学生を支援するためのプログラムを多く行っています。そのひとつが、Cartes Blanche Grants というもので、VIAは1981年以来毎年ひとりのデザイナーを選出し、作品の機能性の向上や新しい素材や技術の使用など、様々な観点からデザイナーのサポートを行っています。
2008年はパリのデザインスタジオ nodesign の設立者である建築家、Jean Louis Frechin が選出されました。
もうひとつのサポートプログラムが、VIA Project Assistance Grantsというもので、こちらはプロトタイプの作品を公募して、そのなかからいくつかのプロジェクトを選出し、VIAが支援するというものです。2008年は、家具やライトなど10作品が選出されました。

これらのプログラムに選出された作品は、先日開催されたMeuble Paris 2008 にVIAのブースとして出展されました。上の画像は展示ブースの様子です。

また、VIAは、これらのサポートプログラムのほかにギャラリーで展示会を開催するなど、クリエーターの作品を広く紹介する活動も行っています。現在はMatieres a Cultiveというマテリアルをテーマとした展示を行っています。こちらの展示には、日本からも数名のデザイナーが参加しています。

posted by DL at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | design society

Mar 11, 2008

Vipp

Vipp


Purple Cut
designed by Shan Rahimkhan



bins designed various artists in 2005


bins designed various artists in 2006


bins designed by Mauricio Clavero

ペダル式のゴミ箱を製造するデンマークのメーカー Vipp
Vippは、1939年に鉄工職人のHolger Nielsenによって設立されました。
Holgerがビジネスの世界に飛び込んだのは1931年、彼がまだ若干17歳のときでした。そのきっかけとなったのは、Holgerが地元のスタジアムにひいきのフットボールチームを応援しに行った時に起こった偶然の出来事です。彼のチケットがくじに当選し、商品として車をもらったのです。しかし、当時彼は運転免許を持っていなかったために、商品の車は売却することにしました。Holgerは、そうして得たお金を回転旋盤などの工作機械に投資し、鉄工所を始めました。

Vipp が誕生したのは、その数年後の1939年です。当時すでに結婚していた彼は、妻が美容院を始める際にお店で使うゴミ箱の製作を、彼女に頼まれました。そして生まれたのがペダル式ゴミ箱のVippです。
美容院で評判となったVippは、次々に注文が入るようになり、やがてデンマークの医療業界などでも標準的に使用されるまでになりました。
Holgerは、優れたデザインは決して流行に流されないという考えの持ち主でした。Vippが生まれた1939年から現在までゴミ箱のデザインはほとんど変わっていません。唯一変わったのはフタの形状くらいです。また、Vippは現在でもデンマークで職人による手作業によって製造されています。ひとりが1時間に作ることができるのは6つ程といわれています。

何十年間にも渡り変わらぬフォルムを守り続けているVippですが、2000年からデザインやアートシーンとの深い関わりを持つようになりました。

2000年にコペンハーゲンのDanish Design Centreで展示を行い、2005年には30組のデザイナーによるゴミ箱の展示をパリのインテリアショップSilveraで行いました。この展示はチャリティーイベントとして開催され、作品の売り上げなどによる総額35,000ユーロがHandicap
Internationalへ寄付されました。上の画像は左から、Christian Lacroix、Inga Sempe、Jean-Marie
Massaudによるもの。

翌年には、ロンドンのThe Conran Shopと共にチャリティーオークションを開催しました。17組のデザイナーがイベントに参加し、18,500ポンドがガーナのOxfam's
Mango Plantation Project へ寄付されました。画像は左から、Orla Kiely 、Terence Conran、Ron
Aradによるゴミ箱。
そのほかポルトガルのリスボンでも同様のチャリティーイベントを開催しています。


Vippは、パリのルーブルで展示を行った唯一のゴミ箱メーカーでもあります。2006年に開催されたルーブルでの展示会では、チリ人デザイナー Mauricio
Clavero による36作品を展示しました。作品には、スワロフスキーのクリスタルやSicisのタイル、Ambiance Lumiereのライティングなどが使用されました。上の画像は、スワロフスキーで世界の都市の地下鉄路線図を描いたシリーズ。

Purple Cutは、2008年のリミテッドエディションです。ベルリンのトップヘアースタイリスト Shan Rahimkhanとのコラボレーションによる2作品は、ひとつがHolgerの妻であるMarieのヘアースタイリングへの熱い思いを表したもので、もうひとつには、ペルシャ神話で美と背徳を意味するクジャクが2匹描かれています。

posted by DL at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | kitchen

Mar 10, 2008

Forum AID : +1 diploma


Libri by Michael Bihain

先日、スウェーデンの建築とデザインの専門誌 Forum AID が主催するデザインアワード Forum AID Award 2008 の受賞者を紹介しましたが、もうひとつのForum AID主催のアワードが、+1 diplomaという賞です。+1は、Stockholm Furniture Fairに展示されたあらゆる分野の作品の中から受賞作が選ばれます。

2008年はベルギーのデザイナー Michael Bihain によるLibriが+1を受賞しました。
Libriは、大変シンプルな構造を持ったシェルフです。その、これ以上はないというくらいのシンプリシティと、模範となるディテールを兼ね備えている点が受賞の決め手となりました。
Libriは、はしごのように壁に立てかけて使用するので、どこにでもセットすることができ、簡単に移動もできます。いくつかのシェルフを並べると、そのグラフィカルなフォルムが際立ちます。また、2つのLibriを互いに背併せにすれば、壁を必要としない自立したシェルフとして使用することもできます。
このシェルフは、もともとLet's Danceという名で2006年にデザインされたものですが、SwedeseからLibriと名を変えて発売されることになりました。

+1 diplomaの受賞作品は、前年の受賞者によって選ばれます。今回のMichael BihainのLibriは、2007年に+1を受賞したDamian Williamson によって選出されました。
過去の受賞者は、Bjorn Dahlstrom(2006)、Eero Koivisto (2005)、 Norway Says (2004)、Matti Klenell (2003)、 Eero Koivisto and Ola Rune (2002)と、そうそうたるメンバーです。来年はどのデザイナーの作品がMichael Bihainによって選ばれるのか楽しみです。

以前の関連記事はこちらです。
Michael Bihain
posted by DL at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | competition and awards

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。