Mar 06, 2008

Forum AID Award 2008


Orestad College by 3xN Architects


Xile by Mats Karlsson


Nobody by Komplot

少し前のことになりますが、2月のはじめに、スウェーデンで発刊されているデザイン誌 Forum AID が主催するForum AID Award 2008の授賞式が、ストックホルムのClarion Hotel Signで開催されました。

Forum AIDは、2006年に雑誌Forumが名称変更をしたもので、AIDはArchitecture(建築)、Interior(インテリア)、Design(デザイン)のそれぞれのイニシャルからきています。これらのテーマが三位一体となって雑誌Forum AIDを構成しています。
Forum AIDの歴史を辿ると、その創刊は30年以上前に遡ります。当初は Forum Narmiljo (英語で Forum Neighbourhood といった意味になります。)という名前で発刊されていましたが、90年代に Forum と名前を変えました。そして2006年に紙面の内容をより一層充実させ、コンテンツを的確に表すAIDという文字を加えた、 Forum AID という名前へと再び誌名を変更しました。

Forum AID Awardは、A(architecuture)、I(interior)、D(design)の3つのカテゴリーからなります。
Aカテゴリーに入賞したのは、デンマークの建築デザイン事務所 3xN Architects によるOrestad Collegeです。
Orestad Collegeは、コペンハーゲンのOrestadに建設された学校で、クライアントは市の自治体です。外観は、沢山の短冊状の窓が特徴的で、室内の中心部は大きな吹き抜けとなっています。
Iカテゴリーは、スウェーデンの建築家Mats KarlssonによるXileが受賞しました。
Xileは、もともと2006年のベルギー、コルトレイクでの家具展のためにデザインされたものです。Xileは、伸縮自在で室内外どちらでも使用できるトンネルです。プラスチックという安価な素材を用いながら、ひと目でわかるデザイン性の高さが、審査員に評価されました。
Dカテゴリーに選ばれたのは、デンマークのKomplot によるNobodyです。Nobodyは一枚のPETフェルトを加工して作られています。フレームを一切使用せずにイスのフォルムをPETフェルトだけで作り出しているので、接着剤やレジン、その他のネジなど補強材を使っていません。また、PETフェルトは100%リサイクル可能な材質で、ペットボトルから作られています。このシンプルな製造工程と環境に優しい素材という点が、審査員から高い評価を得ました。



posted by DL at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | competition and awards

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。