Mar 07, 2008

Matti Klenell


Fade


Icon


Beamon 700
in collaboration with Peter Andersson



Ajeto Urns

ストックホルムで活動するデザイナーの Matti Klenel
彼はKonstfackでデザインを学んでいます。1999年に同校を卒業した後、2000年に自身のスタジオを立ち上げました。
スタジオは、スウェーデンをはじめとする国内外の多数のメーカーをクライアントに持ち、小さなオブジェクトから家具デザインまでを手がけています。日本ではBalsやASKULから作品を発表しています。
展示会へも積極的に参加しており、日本のSwedish Styleにも何度か名を連ねています。また、2007年には、We Are Going Underground の一員としてDesignTideにも参加しました。今年に入ってからは、2月にストックホルムのIngerMolin Garlleryでグラスワークを発表する個展を開いています。

Fadeは、2007年に日本のBalsから発表されました。ペンダントランプやフロアランプ、テーブルランプがシリーズとなっています。パウダーコートされたポールのグラデーションが特徴的です。
Iconは、2007年にオランダのMoooiから発表された三角錐のシェードを持つランプです。こちらもペンダントとスタンドランプの2種類がラインナップされています。スタンドライトの、三角形の笠をかぶったようなフォルムは、どこかユニークな印象を受けます。シェードとライトのコードは、柔らかい毛で覆われており、シンプルなデザインに有機的な要素を加えています。
スウェーデンのMiljoexpoから発表された Beamon 700 は、親交の深いデザイナーの Peter Andersson とのコラボレーションによるものです。MattiはBeamon以外にもPeterとのコラボ作品をいくつか発表しています。
Beamonは、もともとスタッキングチェアとしてデザインされたものですが、Beamon 700は、より快適性を求めイージーチェアへとグレードアップさせたものです。オプションでシート高と天板の高さをあわせたサイドテーブルも数種類ラインナップしているので、スペースや目的にあったユニットを組むことができます。
Ajeto Urnsは、2月にストックホルムのギャラリーで開催された、Mattiの個展で展示された作品のひとつです。彼はこの個展でいくつかのグラスワークを発表しましたが、作品はチェコのAjeto Czech Glass Craftによって製作されました。

以前の関連記事はこちらです。
Peter Andersson



posted by DL at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。