Mar 14, 2008

Broberg & Ridderstrale


Cone Speakers


Gulliver


Wimbledon


Frame

ストックホルムを拠点とする建築デザインスタジオの Broberg Ridderstrale Design & Architecture(BRDA)。
スタジオはMats Broberg 、 Johan Ridderstraleの2人のコラボレーションにより、建築とプロダクトデザインを手がけています。
2人はKonstfackでインテリアデザインと家具デザインを学びました。Konstfackには2006年まで在籍していましたが、在学中から作品を発表し、展示会に出展したりと活動をはじめています。日本の展示会では、2004年にTokyo Designers BlockやContainer Groundなどに参加しています。また、Swedish Styleにも2004年、2005年と参加しました。

Cone Speakersは、サウンドを表すアイコンにインスパイアされたスピーカーです。音量などサウンドにまつわるシンボルとして広く使用されているコーン型のアイコンを、そのまま実物のスピーカーとして再現しています。高品位のスピーカーをデザインする場合には、音響学のルールが重要視され制約を受けるのですが、技術的な要件を満たしさえすれば、ある種のデザインはとても優れているといいます。このコーン型もそのひとつで、ベーシックなフォルムは機能性に優れており、部屋の隅にセットすればフロアから上方へと部屋の中心に向かって対角に音を出力します。Cone Speakersは、2007年にWallpaper Design AwardのBest Domestic Applianceを受賞しています。
その名の通り大きな街灯用のランプシェード Gulliverは、人々の公共設備に対する認識を変えようと2003年に始まったプロジェクトです。街灯だけでなくベンチや電話ボックスなどの公共設備は、概して決まったイメージを持っています。その公共設備にインテリアに類型される要素を持ち込むとどうなるのか、というテーマにBRDAが取り組みんだのがGulliverです。彼らはストックホルムの街なかにあるいくつかの街灯にGulliverをセットしてみましたが、インテリアの要素が加わった風景は、斬新で歓迎的な雰囲気となりました。Gulliverは、2004年にロンドンや東京でも展示されています。
WimbledonとFrameはともに、スウェーデンのNolaがStockholm Firniture Fair 2008で発表した、BRDAの新作です。Wimbledonは名前からもわかる通り、テニスのラケットからインスピレーションを得たイスで、メッシュのような座面とバックレストはスチールを使用しています。
Frameは、直線的なシェイプの四角いプランターです。サイドの4面が内側上方に向かって少しくぼんでおり、プランターのリムと取っ手がひとつになっています。この一連のフォルムが、絵画のtromp l’oeil(だまし絵)のような効果を生んでいます。




posted by DL at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。