Apr 01, 2008

Freedom Of Creation


Dahlia photo by Anja Jahn


Palm


1597


Monarch Stool

ライティングやバッグなどのアクセサリーをリリースするFreedom Of Creation (FOC) は、2000年にデザイナーのJanne Kyttanenによってフィンランドのヘルシンキに設立されました。
Janneは、アムステルダムのThe Gerrit Rietveld Academyでインダストリアルデザインを学んでいます。彼は、在学中からラッピドプロトタイピング(RP)の技法を試作品製作だけではなく、商品製作に応用できないかと研究を重ねました。そこで得たラピッドマニュファクチャリング(RM)の技法をベースに、アカデミー卒業後の2000年にFOCを設立します。
FOCは、3D-CADやレーザー焼結を用いたRM技術を駆使したしたプロダクト生産やデザインなどに特化し、技術を発展させてゆきました。RMでのプロダクト生産は高速で行われるために、タイムリーな生産が可能で、余分な在庫をなくすことができます。これは輸送を最小限に抑えることにもつながります。
FOCはクライアントへのデザインのほか、オリジナルデザインも手がけていましたが、2006年にアムステルダムにデザイン事務所を設立し、本格的にFOCコレクションを展開し始めました。

Dahliaは、天井や壁にマウントするタイプのランプです。材質にはポリアミドというナイロン系のプラスティックが使用されています。花びらなどにみられる自然の数学的な配列にインスパイアされたシェードからは、うっすらと優しい明かりがもれ、シェードの周りには陰影が映し出されます。
Palmは、自然の中の木の葉や水の流れにインスパイアされています。シェードからは全方位に光が放たれるのが特徴です。Palmにはスタンドランプのほかにペンダントやテーブルランプなどのバリエーションがあります。
無数の突起からなる円形のシェードの1597は、キク科のルドベキアという花にインスパイアされています。ネーミングの1597という数字はフィボナッチ数からきています。フィボナッチ数についての説明は割愛しますが、この数列は植物などの自然界に多く存在するといわれています。1597はInterior Innovation Design Award 2006 を受賞しました。
Monarch Stoolはリミテッドエディションとして製作されたスツールセットです。5つの異なる大きさのスツールは全てスタッキングが可能です。オーガニックで装飾的な格子構造を探求した作品です。

ライティング以外にもFOCでは、バッグやプレートなどのアクセサリーもデザインしています。いずれの作品もレーザー焼結などRM技術によって製作されています。


posted by DL at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | light

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。