Apr 04, 2008

Kathleen Hills


Cluster Light


Vintage Tea Light


Cups and mugs


Black Glaze series

ロンドンで活動するセラミックデザイナーの Kathleen Hills
彼女はCentral St. Martinsでセラミックデザインを学んだ後に、RCAに入学し、セラミックとガラスデザインのMAを取得しました。RCAを卒業した2002年からフリーランスとして活動を始め、Multi というレーベル名のもと、作品を発表しています。彼女の作品は、ロンドンをはじめイギリス各地のショップで取り扱われています。近年では、女優のケイト・ブランシェットがKathleenに自宅用のランプを依頼したというエピソードもあります。
制作活動の傍らで、彼女は2005年からCentral St. Martinsで教鞭を執り、その他の大学でもレクチャーやゲストスピーカーを務めるなど教育分野でも活躍しています。

Kathleenの作品は、主にセラミックのテーブルウェアやライティングです。
Cluster Lightは、異なる形のシェードを持つライトをいくつも束ねてひとつにしたランプです。ひとつひとつが単独のペンダントランプとしても使用できますが、ひとつに束ねられると個々のシェードの違いから、多様性を持ったランプとして一層の魅力を発揮します。Cluster Lightには黒色のバリエーションもあります。
Vintage Tea Lightは、陶製のティーキャンドルホルダーの上に、ヴィンテージのグラスシェードをのせたものです。シェードはヴィンテージ品を使用しているために、サイズやデザインなどがそれぞれ違い、オリジナルな表情を見せます。同様にヴィンテージのグラスシェードを用いたペンダントランプもリリースされています。
Cups and mugsは様々なパターンが絵付けされたカップです。パターンはKathleenがヴィンテージとモダンのプリントを組み合わせてアレンジしたものです。オーソドックスな白磁器にブルーやカラフルなプリントが映えます。
この他にもKathleenは、エッグホルダーや牛乳瓶をモチーフにしたジャグなど様々なテーブルウェアを製作しています。いくつかのデザインでは、黒い釉薬で仕上げたものがリリースされています。

余談になりますが、Kathleenが家族と暮らす自宅のキッチンの様子が「ロンドンのキッチン」(ジュウ・ドゥ・ポゥム)というインテリアブックに掲載されています。本のトップバーターを務め、表紙を飾る彼女のキッチンは、自身の作品と北欧テイストがうまくミックスされた明るく、心地よさそうな空間です。



posted by DL at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | light

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。