Apr 22, 2008

For Use : in Milan


X Chair


Y Chair


Satyr

photos: courtesy of For Use


オーストリアのウィーンとクロアチアのザグレブで活動するデザイングループ For Use
彼らの2008年の新作がミラノで発表されました。

X ChairとY Chairは、イタリアのMorosoからリリースされました。X Chairの大きな特徴となっているのは、2つの向かいあった三角形が交差したようなフレームです。シートとバックレストの荷重がかかる部分のフォームは、快適な座り心地を実現するために十分な厚みを持たせています。フォーム内部のフレームには曲げ合板を使用し、ボリュームあるクッションをしっかりと支えています。
Y Chairは、横から見るとアームレストがちょうどYの字のようになっています。アームレストに斜めに挿された1本のフレームが、静力学的にイスの構造を向上させています。フレームにはビーチやオークが使われており、とてもスムーズで軽く仕上げられたイスです。
Satyrは、ドイツのClassiConがプロデューサーとなっています。既にソファやアームレストなしのチェアがリリースされており、アームレストつきのラウンジチェアが今年新しくコレクションに加わったことでラインナップが更に充実しました。オットマンとしても利用できるスツールと組み合わせれば、より快適でリラックスした時間を過ごすことができます。

このほかにもFor Useは、ミラノのデザインウィーク期間中に、鏡と照明を使用したインスタレーション Numen-Lightを展示しました。

以前の関連記事はこちらです。
For Use


posted by DL at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。