Nov 04, 2008

Tokyo Designers Week 2008


100% Design Tokyo





今年で23回目となる東京デザイナーズウィークが10/30〜11/3の5日間に開催されました。
メイン会場となる明治神宮外苑中央会場には、今年も大きな特設テントが設営され、コンテンポラリー・インテリアデザインの国際家具見本市 100% Design Tokyo など多数のデザインイベントが開かれました。
今年も2007年に引き続き、Michael Young をショーデザイナーに迎えており、2008年のボタンのモニュメントはゴールドになっています。

100% Design Tokyoは今年で4回目となりますが、大元となるロンドンの100% Design は1995年にスタートしたデザインフェスティバルです。
100% Design Tokyoのテント内は、9つのセクションに分けられており、ライトやチェア、プロトタイプといったそれぞれのテーマに沿った展示が行われました。
また、例年屋外で開催されていた学生による作品の展示スペースが今年からはテント内に移動し、100% futuresという新しいプログラムとして生まれ変わりました。スペースがテント内に移動したことにより各学校の展示スペースはブースとして確立され、ひとつの空間にインスタレーションを行うことで学生たちの表現の幅は格段に広がりました。
100% futures には、学校ごとの作品展示とともに産学協同プロジェクトの展示ブースが設けられ、以前の学生作品展よりも一層充実した内容のプログラムとなりました。

神宮外苑の会場には、100% Design Tokyoのほかにも、コンテナを利用した空間デザインのプレゼンテーション CONTAINER GROUNDや、オーストリアのデザインイベント BLICKFANG などが同時に開催され、期間中は多くのデザイン業界関係者、学生などが集まり、大変な賑わいを見せました。


以前の関連記事はこちらです。
BLICKFANG 08


posted by DL at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。