Nov 13, 2008

Arabia 135









photos: Rauno Traskelin

ヘルシンキのDesinmuseo(Design Museum)で、陶磁器メーカー Arabiaの歴史と作品を紹介する展示、Arabia 135 が2009年の1/25まで開催されています。

Arabiaは、スウェーデンの陶磁器メーカー Rorstrand が当時のフィンランド大公国政府の許可を得てヘルシンキに設立した子会社として、1873年にスタートしました。
設立当時はRorstrandのコピー商品を作っていましたが、1890年代に入ると、建築家のJac Ahrenbergやスウェーデン人アーティストのThure Obergを迎え、コレクションの幅を増やしてゆきます。
1900年代初頭にはテーブルウェアのほか、装飾的なオーナメントなども多く手がけるようなり、また、第一次大戦やフィンランド独立の影響から、ArabiaはRorstrandの手を離れ、この時期に大きく近代化、成長しました。
1900年代半ばにはKaj FranckのKiltaをはじめ多くの名作を世に送り出し、以降、Arabiaはフィンランドを代表する名窯として現在に至るまで多くの陶磁器をリリースし続けています。

今回の展示では、名作といわれるテーブルウェアやオーナメントを通して、このArabiaの135年間の歩みを紹介しています。日本や中国など東洋の影響を受けたArabia初期の作品から、KiltaやTeema、Oloという近年の作品まで幅広い作品が一堂に会し、材質の違いや製造方法、装飾技術などの解説とともに会場に展示されています。


posted by DL at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。