Nov 20, 2008

The Danish Design Prize 2008/09


Minima by Cecilie Manz


Stingray by Thomas Pedersen


Ripple Chair by Christian Flindt


Hansens Ice Cream ApS

Den Danske Designpris 2008/09(the Danish Design Prize)の受賞作が、現在、Danish Design Centreで公開されています。

the Danish Design Prize は、デザインを戦略やビジネスに活かし、高いクオリティーの作品やソリューションを生み出したデンマーク企業に贈られる賞で、4つのカテゴリーにわけられています。今回のプライズでは、12のデザインがDanish Design Prizeを、そしてVision Prize、Classics Prize、Designmatters Prizeの各賞をそれぞれ1社が受賞しました。

Design Prize受賞作のひとつであるMinimaは、Cecilie Manzのデザインによるグラスウェアです。
フタのついたボトルはスリムなだけでなくエレガントで、収納の利便性や必要性にうまくデザインを取り込んでいる点が審査員に高く評価されました。また、その流麗な美しさは、2008年版の北欧モダニズムであると評されました。Minimaは、2007年にiF Product Design Awardや、Ambienteでの Design Plusも受賞しています。
Thomas PedersenによるStingrayは、3Dの最新モールディング技術を駆使したシェルチェアです。数々のプロトタイプやモックアップなどのプロセスを経て、現在のシェルのフォルムが完成しました。最新技術による3Dベニヤのシェルの造形美、そして快適な座り心地を両立させる優れたデザインが評価されました。Stingrayは、今年のimm CologneでInterior Inovation AwardのBest Item賞を受賞しています。
Christian FlindtによるRipple Chairは、バックレストに施されたさざ波(ripple)のようなおうとつが特徴的なスタッキングチェアです。安価ながら優れた座り心地やデザインを実現し、環境に優しいプラスチックや製造法によって生産されている点が評価を得ました。

中小企業を対象としたDesignmatters Prizeは、今回、アイスクリームメーカーのHansensが受賞しました。Hansensは、4世代にわたって続いてきた家族経営のアイスクリームメーカーですが、近年のデザインを活かしたブランディングや戦略が功を奏して、この5年ほどで大きな成功を収めました。デザインが、コーポレートアイデンティティーに大きく寄与することを実践してみせた素晴らしい事例です。Hansensは、現在デンマーク国内に多数の販売店を持ち、スウェーデンなど国外への進出も果たしています。

この他、計15のthe Danish Design Prize受賞作は、2009年の1/5まで、コペンハーゲンのDanish DesignCentreに展示されています。


posted by DL at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | competition and awards

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。