Dec 10, 2008

when objects work


pottery by Vincent van Duysen


bowl by John Pawson


tray by John Pawson


The Hybrid Cutlery
by Maarten van Severen


ベルギー、Brugge(ブルージュ)のwhen objects work は、2001年のミラノでデビューした、主にキッチンウェアを手がけているメーカーです。
ディレクターのBeatrice Lafontaineの、シンプルで一点の曇りもない機能性とタイムレスな表現というビジョンに基づいて、when objects workはデビュー以来、一貫して利便性と審美性を追求した作品をリリースしています。この原則は、19世紀のアーツアンドクラフツ運動の主導者、ウィリアム・モリスの"有用でもなく、美しいとも思えないようなものを家に置いておく必要はない"という思想に則ったものでもあります。
この信条を作品として具現化するデザイナーには、Maarten van Severen やJohn Pawson らミニマリズムな作風で知られる建築家が起用されています。

Vincent van Duysenによる陶器のコンテナーシリーズは、生涯水差しや瓶を描き続けたGiorgio Morandiの絵画にインスピレーションを得たといいます。コレクションはひとつでも個性的ですが、スタッキングすると、様々な大きさや色のコンビネーションが、よりパワフルなリズムを生み出します。陶製のボウル部や木製のふたの基本的なシェイプはどれも同一ですが、深さや高さがそれぞれ異なり、コレクションにバリエーションと抑揚を与えています。
bowl、trayは共に、John Pawsonによる5つのオブジェクトシリーズとして2001年のミラノで発表されました。5つのオブジェクトは全て丸や四角、円柱などの幾何学的要素をもとにしており、非常にシンプルでミニマルなフォルムとなっています。木製のトレイと、そこにぴたりと収まる円形のプレートは、John Pawsonの数学的理想形を体現しています。
The Hybrid Cutleryは、2005年に若くして急逝したMaarten van Severenの晩年の作品です。999ピースのリミテッドエディションとして製作され、2007年にミラノで発表されました。フォーク、スプーン、ナイフはそれぞれ全く異なる趣を持っており、クラシカルなミニマリズムや調和のみのミニマリズムという既成概念への、van Severenのチャレンジともとれる意欲的な作品です。


posted by DL at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | kitchen

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。