Dec 15, 2008

DRIFT


Ghost Chair


Ghost Queen


Dandelight


Fragile Future by Lonneke Gordijn

オランダ、Eindhovenのデザインスタジオ DRIFT は、デザイナーの Ralph Nauta と Lonneke Gordijn によって2006年に設立されました。
彼らはともに The Design Academy Eindhoven でデザインを学んでおり、2005年に同校を卒業後、フリーランスデザイナーとしての経験を経て、翌2006年にDRIFTを立ち上げました。スタジオは、プロダクトデザインのほかに公共施設やインテリアのコンセプトデザインなども手がけています。
彼らは最新技術を駆使した作品づくりを得意としており、自然とSFからインスピレーションを受けているという作品は、観念論と人々の行動様式をつぶさに観察して得た実念論のミックスを表現しています。

Ghost コレクションは、2008年のミラノで発表されたDRIFTの新作です。6cm厚のplexiglasという硬質アクリル樹脂の内側にレーザー加工を施すことで、透明のシンプルで直線的なイスの内側に、奇妙に曲がりくねった、もうひとつのイスを浮かび上がらせています。Ghostはハンドメイドで作られており、内部のラインはランダムに描かれているよう見えますが、全て精密にデザインされたものです。DRIFTは、この内側の"ghost"を、今まで見たことも無いもので、且つ自然体でありながら、出来る限り3Dのシェイプを強調したものにデザインするよう努めたといいます。
Dandelightは、本物のタンポポの綿毛を使用したライトです。電池から直接のびる配線とブロンズのフレーム、LED電球に付けられた綿毛という非常にシンプルな構造ですが、自然と電子機器を美しく詩的に、そして簡潔に結び付けています。
Dandesightは、 Fragile Future という壁面のライティングモジュールのベースにもなっています。いくつもの電子回路と綿毛ライトのユニットを組み合わせたインスタレーション Fragile Future は、未来的な様相であると同時に、Dandelight同様、テクノロジーと自然の調和をたくみに表現しています。
Fragile Futureシリーズは、これまでにいくつもの展示会に参加し、数々のアワードを受賞しています。2008年には、German Design Council による Light of The Future 賞を受賞しました。


posted by DL at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。