May 01, 2009

Katarina Hall


Save
photo: Adam Craft



photo: Adam Craft


Boa-constrictor
designed with Karin Robling
photo: Mikael Ek



Reflect
photo: Sven Prim, Peter Edqvist


images (c)Katarina Hall / www.katarinahall.se


スウェーデンのストックホルムで活動するデザイナーのKatarina Hall
彼女はBeckmans College of Designでデザインを学び、プロダクトや家具デザインを中心に手がけています。2006年にBeckmansでの卒業制作として発表したの作品のひとつPoemは、2009年の4月にスウェーデンのDesign House Stockholmからリリースされました。
また、彼女はUniversity of Linkoping (リンチェピング大学)で展示デザインも学んでおり、プロダクトだけでなくインテリアデザインの分野でも活躍しています。

キャビネットとデスク、スツールからなるコレクション Save は、2008年のミラノで発表されました。Saveは、スウェーデンでしばしば見ることができる、人が住まなくなってドアや窓に木のかんぬきが打ちつけられた家にインスピレーションを得ています。それらの家々にはそれぞれのストーリーや秘密がねむっており、Saveも同様に人々のささやかな秘事を内に包み込みます。ドアや窓を封じる厚板を連想させる、キャビネットに打たれたカラフルな木片は、扉のハンドルの役割を果たし、デスクのわきにつけられた収納は、床板を外してその下に大事なものを隠すというノスタルジックな行為を再現しています。
Boa-constrictorは、大型種の蛇の名をとったネーミングのとおり、蛇が獲物を呑み込む様子がモチーフとなっています。コードには捕食する蛇の腹の様なふくらみがつけられ、ランプのシェードは蛇が大きく口を開いた様子とイメージが重なります。デザインは、Katarina Hallと同じくBeckmans出身のデザイナー Karin Robling とのコラボレーションです。
Reflectは、2009年の新作となるミラーです。上部にリングのつけられた正円のフォルムは、クラシカルな懐中時計から着想を得ています。時を刻む文字盤のかわりに、鏡が年々変わってゆく顔や表情を映すことで、間接的に時の経過を表します。Reflectは、Dependという新作のペンダントランプと共に、2009年の3月にイスタンブールで開催されたデザインフェア i-decoで発表されました。


posted by DL at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。