May 20, 2009

Louise Campbell : To be continued


Prince Chair for HAY, 2001
photo: Brahl Fotograf




Tub (prototype), 2005


Veryround for Zanotta, 2006


Elements for Royal Copenhagen, 2008

(c) Louise Campbell


デンマークの実力派デザイナー Louise Campbell の作品展が、5/29〜6/12までパリのMaison du Danemarkで開催されます。

会場には、これまでLouise Campbellが手がけた作品に加えて、スケッチやモデル、プロトタイプなどが展示される予定です。失敗作などを含め、普段は公開されないようなこれらの製作過程を完成品と同時に展示することで、作品とデザイナーの人間的な一面をより深く知る手がかりとしています。
完成された最終的なデザインだけではなく、その裏にある個人的なデザインプロセスをも見ることのできるTo be continuedは、Louise Campbellのポートレートともいえる展示です。

今回の展示の会場となるMaison du Danemarkは、パリのシャンゼリゼに位置する複合施設で、フランスやパリを訪れる多くの旅行者にデンマークの文化を広く伝えることを目的としています。施設にはFlora DanicaやBang&Olufsenなどデンマークを代表するブランドがテナントとして入り、上層階には展示などの文化イベントを行うスペースが設けられています。

以前の関連記事はこちらです。
Studio / Louise Campbell


posted by DL at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。