Aug 22, 2008

Interview 11 : Alissia Melka-Teichroew




Scroll down for English text.


オランダでデザインを学び、現在はアメリカで活動するデザイナーのAlissia Melka-Teichroew 。
彼女は、BY:AMTの創始者でありデザイナーでもあります。ヨーロッパとアメリカ、2つのデザイン事情を知る彼女に、それぞれのデザイン観や、彼女のデザインへの思いを語ってもらいました。


DL(以下D): デザイナーになったきっかけは何でしょう?
Alissia(以下A): 私は、フランス人の母親とアメリカ人の父親のもと、オランダで育ったの。両親はいつも私を数え切れないほどの美術館やアート展に連れて行ってくれて、ピカソの写真集を買ってくれたりもしたわ。家にはたくさんのデザインや美術品が溢れていて、デザインストアにもよく両親と新しい家具を探しに足を運んだものよ。

大学進学の進路は、ユトレヒト大学(オランダ)の地理学部で人文地理学を学ぶことに決めたのだけど、半年も経つと、それは自分が将来やりたいことではないと気づいたの。そのまた次の半年間は同じユトレヒト大学で美術史のクラスに駆け込んで、遅れを取り戻すのに必死だったわ。1995年のはじめに友達のつてで the Design Academy Eindhoven を見学すると、入学するために自分の作品を提出してみようと思い立ったの。入学するのは決して楽ではなかったけどね。

デザインアカデミーを卒業すると、まだまだ自分には成長する余地があると感じて、自分のスタジオを開いたの。オランダではインテリアからパッケージングまであらゆるプロジェクトに関わったけど、2年後にアメリカの the Rhode Island School of Design でインダストリアルデザインの勉強を始めたわ。自分の作品を違った角度から見つめてみたかったし、全く異なるデザイン文化の国へ移ることで、ヨーロッパ以外のデザイン観や自分のデザインについてもっと知ることができると思ったから。
アメリカのデザイン(そしてライフスタイル)は、今まで慣れ親しんできたものとは全然違っているわね。ここではフリーランスとしていろいろな会社と仕事をして、物の製造や販売についてもたくさんのことを学んだわ。

これら全ての経験がデザイナーとしての私を形成しているのだと思う。


D: 誰か尊敬しているデザイナーはいますか?またその人からどのような影響を受けましたか?
A: Jacques Tati、Picasso(特に小さい頃に持っていた写真集)、Jaime Hayon、Bruce Naumann、川久保 玲、Dan Flavin、Sol Lewitt、三宅 一生、山本 耀司、Stefan Sagmeister、Martin Parr(写真家)、Marti Guixe、Konstantin Grcic(彼のとがったデザイン)、Bruno Munari(彼のハンドジェスチャーの本、それと彼のドローイングやデザインなどの見せ方。)、深澤直人(誌的でシンプル)、Hussein Chalayan(複雑なシンプリシティ)、Olafur Eliason、Borek Sipek。

それからthe Kroller-Muller museumにあるJean DubeffetのJardin d'email。

ともかく、芯の強いデザインをつくる上で個人的に一番重要だと思うのは、批判を受け入れられるかどうか、というところだと思う。自分が受けた批評を個人的なものとして捉えず、作品に活かすことが大事なんじゃないかしら。作品を見過ごされてしまうよりも、何かを言われるほうが断然いい。それは賞賛でもあるし、感情のあらわれでもあるわけだから。だけどアメリカでは全く違う考え方ね。たとえそれが十分な説明の上にあったとしても、批判的な評論は決して良いものとはみなされないのよ。何でも常に良いと言われてしまうと向上心はなくなってしまうし、デザインのクオリティも良くはならないと思うのだけど。この点がアメリカのデザイン業界で私が奮闘しているところで、時に仕事をしづらくする点。人々が考えている本当のところはわからないわけだから、自分の作品を自分で評価することもできないのよ。


D: 新しくものを創造するときにインスピレーションを受けるものはありますか?
A: 日々の生活。身の回りのものが、思考と直感の引き金になる。
自分の作品には明確なシンプリシティを持たせたいと思うけど、シンプリシティは複雑なもので実現するのはなかなか大変。作品に潜んだストーリーが鍵を握っているわね。私の作品に込められているコンセプトは、シンプルなオブジェクトにストーリーを語らせることよ。オブジェクトというものは、見る人を混乱させずに、沢山の物事を具現化しなくてはならないと思う。

D: 将来チャレンジしてみたい素材や技術はありますか?
A: 常に新しい素材や技術を取り入れることに興味があるわ。今は技術よりも素材かしら。アクリルを使った作品をデザインしたのだけど、アクリルを使うことができなかったから、ラピッドプロトタイプを用いたものもあるわ。それから、回転成型を用いた家具や照明と、新しいテキスタイルの作品にも取り組んでる。


D: 来日したことはありますか?もしあれば、その場所と印象を教えてください。
A: いいえ、まだ″日本に行ったことがないわ。もう何年もデザインウィークの期間に日本に行こうと計画しているのだけど、毎年その頃になると何かが起こるのよ。

D: デザインの観点から、日本の文化や伝統についてどのように考えますか?
A: 日本のデザイン文化は、とても刺激的ね。とてもシンプルなのに信じられないくらい革新的。もうひとつ日本のデザインが本当におもしろいと思うのは、そのユーモア。なんだかとてもオランダのユーモアに似ている気がする。だからすごく日本のデザインが好きなのかもしれない。

D: ニューヨークの良いところと悪いところを教えてください。
A: ニューヨークは素晴らしい街であると同時に嫌な面も持っているわ。(世界中の多くの都市も同様だと思うけど。)

ニューヨークには、見てまわったり何かをしたり、常にやるべきことがある。信じられないくらいのエネルギーが街に溢れていて、かろうじてそれについてゆくという感じ。個人的に、ここが良くないと思う点でもあるの。たくさんのことが一度に起こりすぎていると感じるし、平和や平穏が欲しいわ。例えば、ここでは日曜日は決して日曜日にはなり得ない。どの店もオープンしているし、全ての物事はいつもどおりに動いている。以前、私は"何もしない日″というのを実行していたの。用足しにでかけたり、月曜から土曜までにするようなことをやるよりも、その日は他のことに時間を使うようにするの。
だけど、ニューヨークはニューヨーク。今のままであるべきだし、街には活力を保つための限りないエネルギーや、星の数ほどやることがある。もしニューヨークからどこかへ移ることがあるとしたら、その時もやっぱりここと同じようなところを選ぶと思うわ。


D: オランダとアメリカ、2つの大陸を背景に持ちます。2つの大陸間にある、デザインに対する人々考え方や行動の違いについて、どのように考えますか?
A: 確かに、アメリカには文化背景だけでなく、全く異なるデザイン観があるわ。デザインへのアプローチのしかたは、オランダのそれとは全く違うように見える。ヨーロッパでデザインと呼ばれるものは、アメリカでしばしばアート″と表現されるの。コンセプチュアルなデザインアイデアは、ここでは斬新に映る。この国のデザイナーの多くが合理的な考えのもとにデザインを行うし、コンセプチュアルなアイデアを製品に落とし込むという作業にあまり慣れていないみたい。全てのアイデアが頭の中の合理的な部分から生み出されているのよ。例えば、装飾的なオブジェクトは機能的であるのか、それとも誕生日の飾りつけのような単なる装飾であるのか、といった月並みな問題も、ここでは新しい議論になり得る。直接的な高い機能性を持っていない、頭の中で装飾やアートとしての役割を果たすようなオブジェクトは、デザインではないと、この国の多くの人々が考えているから。

当初、4年以上はアメリカに滞在しないと考えていたのだけど、これまで本当に良い経験をしてきたし、ここでまだ新しく学ぶこともあるわ。ここには若いデザイナーのための大きなマーケットがあって、販売店もデザイン製品にとても協力的よ。彼らは常に一番新しいものを捜し求めているの。斬新で新しい作品に意欲的で熱意のある環境に身を置くことに、今はとても楽しみを感じているわ。

だけど、やっぱりヨーロッパも恋しい。帰国すると、オランダは視覚的にとても満足させてくれるところだと改めて気づくし、デザインに関する議論もアメリカに比べて断然に刺激的なセンスで全く異なるものに感じる。この点が一番懐かしいところね。


D: デザインを学びデザイナーを目指す日本の若者に何かアドバイスをお願いします。
A: 批判を受け入れて、たとえそれに同意できないとしても、人々が言わんとすることに耳を傾けること。もし同意できないのなら、その理由を自分自身にきちんと説明しなくてはだめよ。デザインを説明する方法や、自分の考えを表現する方法を学ぶこと。自分のガッツや直感に従いながらも、なぜ自分がその選択肢を選んだのかを理解しようとすること。その選択こそが、自分を個性的なデザイナーにしてくれるものなのだから。

Thank you so much Alissia!
I totally agree with your lines about critiques which is a great way of thinking.


D: What brought you to be a designer?
A: Born and raised in The Netherlands, with a French mother and American father. My parents always dragged me to millions of museums, art shows and openings, gave me Picasso picture books. We also had a lot of design and art objects at home and would often go into design stores to look at new furniture with my parents.

Once it was time to go to University I decided to study Human Geography at the Geography Faculty of the University of Utrecht (in The Netherlands), after 6 months I realized it wasn’t the discipline that I wanted to pursue a career in. The next 6 months were dedicated to catching up with the classes in the Art History Department also at the University of Utrecht. Early 1995 I got a tour from a friend at the Design Academy Eindhoven and decided to present my work and to try and get in, at the time it was very hard to even get admitted into the school.

Once I finished the Design Academy I felt like I had more room to grow and started my own Studio in The Netherlands doing all kinds of projects, from interiors, to packaging. Two years later I started my Masters in Industrial Design at the Rhode Island School of Design. I wanted to see my work in a different perspective, moving to a different country with a very different design culture would teach me a lot about my designs as well as the design world outside Europe.
Design (and life) is very different in the US than what I am used to. I have also learned a lot about manufacturing and selling products, by working at different companies and freelancing here in theUS.

All these experiences formed me as a designer.


D: Who is the designer you respect the most? And in which way has she/he influenced you?
A: Jacques Tati, Picasso (especially my picture book that I had when I was little), Jaime Hayon, Bruce Naumann, Rei Kawakubo, Dan Flavin, Sol Lewitt, Issey Miyake and Yohji Yamamoto, Stefan Sagmeister, Martin Parr (photographer), Marti Guixe. Konstantin Grcic (his angular designs), Bruno Munari (his hand gesture book, the way he wants to teach people things about drawing, design, etc), Naoto Fukazawa (poetic + simple), Hussein Chalayan (complex simplicity), Olafur Eliason, Borek Sipek.

This piece by Jean Dubuffet: http://www.kmm.nl/research-publication/2?lang=en

But the most important part in my opinion to be able to design a strong design is to be able to take criticism and work with the critique you get and not take it personally, but use it to your advantage. It is a good thing to have people talk rather than walk by your work, it's a compliment, it means it evokes an emotion. In the US however there is a completely different way of working, negative critique is not seen as something good even if explained well. By always saying all is great you do not challenge anything and this will not make the quality of design better. This is something I struggle with here in the design industry and which sometimes makes it hard to work here. Because you do not really know what people think, you cannot gauge the quality of your work as well.


D: What inspires or leads you to new creation?
A: Daily life; the things around me that trigger my thoughts and my instincts.
I would like my products to have a certain simplicity, but simplicity is a complex thing to achieve. The story behind a product is a key factor. The concept behind my products is to tell a story with a simple object. This object has to embody many things without it cluttering the viewer's thought.

D: Are there any materials or innovations that you would like to try in the future?
A: Yes, am always interested in working with new materials and innovations. At this time it is more about materials than innovations, like we are having some pieces Rapid Prototyped since they cannot be made using acrylic as they were initially designed to be. Also working on new textile pieces as well as furniture and lighting pieces that would be rotational moulded.

D: Have you ever been to Japan? If you have, where did you go and how did you like it?
A: No, I have STILL not been to Japan, have been planning to go for years during the Design Week and every year something comes up around that time.

D: What do you think about Japanese cultures or traditions from a design perspective?
A: The Japanese design culture is very inspiring. It is very simple, incredibly innovative too. The other part I really enjoy in the Japanese design is the humor. I find it very similar to the Dutch humor, maybe this is why I appreciate it so much.

D: How is the city of NY like, in good or bad way?
A: NYC is a great place to be and at the same time it can be an awful place to be. (probably like many cities in the world).

There are always things to go see and do. There is an incredible amount of energy and you can barely follow it all. That I think is the bad thing, for me personally, at the same time. I feel like there is too much going on at times and just crave peace and quiet. For instance, Sundays are never really Sundays as all shops are open and all things run as they normally do. I am used to a “forced day of nothing”, forced to do something else than going out to run errands, or do what you do on Monday – Saturday.
But New York is New York, so it has to be that way and it just has so much energy that you have to remain energetic and go and do a million things. I am sure that if and when we move away from here it will be hard to be in a place that is not like this.


D: You have a transcontinental background both Netherlands and United States. What do you think the difference of the way people think about design or the way people act between two continents?
A: The USA has been indeed very different design wise but also culture wise. There seems to be a very different approach to design here then in The Netherlands. What we call design in Europe, is often called “art” in the US. The idea of conceptual design seems to be newer here in the US. Most designers here design from rational thoughts and are not very well trained in being able to convert conceptual ideas in to a product. All ideas come from a very rational place in the mind. The age old question for instance of is a decorative object functional or is it just simply a decoration like birthday decoration. This question is new here, since most people see those objects that are not directly highly functional and only designed with the function in mind as decoration or art, not design.

At first I did not plan to stay in the US more than about 4 years, but I’ve had very good working experience here and I am still learning new things. There is also a large market here for young designer’s work. Retailers are extremely supportive of design work. They’re always interested in getting the newest things. At this time it is very interesting to be in this environment that is motivating and hungry for fresh and new work.

But I do miss Europe. I do notice that I find The Netherlands extremely visually pleasing when I go back. Also the conversations about design seem to be very different and in a sense much more motivating than in the US, this is what I miss the most.


D: Any advice or tip to young japanese who are studying design and aim to be a designer?
A: Learn to work with criticism, even if you do not agree, listen to what people have to say. If you don't agree, then try to explain to yourself why not. Learn how to speak about design and express your thoughts. Follow your gut instinct but try to understand why you make the choices you make. Those choices are what make you the unique designer you are.
posted by DL at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | interview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105151986

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。