Aug 25, 2008

Ryan Frank


Isabella


Strata


Inkuku


Zilka

イギリスのロンドンで活動するデザイナーのRyan Frank
南アフリカ生まれのRyan Frankは、ケープタウンとオランダのズボーレという街ででプロダクトデザインを学んでいます。学業を終えた後は、短い間ですがオランダの建築事務所やデザイン会社で働き、その後イギリスに移りました。
現在はロンドンをベースに、自然環境や材質にこだわったコレクションを広く展開しています。彼が作品に使用する素材は環境に優しいものが多く、近年、イギリス国内を中心に彼のエコロジカルな作品が注目を集めています。
最近では、ロンドンのNPO団体 Hidden Artが主催するアワードで、Most Sustainable Product賞やBest Press Profile賞を受賞しています。

Isabellaは、9月のロンドンで発表される予定の新作です。Isabellaは、アフリカの手彫りのイスにインスピレーション得たスツールで、トーテムポールのようにスタッキングすることができます。材質にはストローボード(黄板)という、わらを原料としたボール紙を使用しています。黄板はホルムアルデヒドを放散しない、サステナブルな原料として知られています。Isabellaでは黄板にウールを貼り、カラフルで質感の良いスツールに仕上げています。
Strataは、スツールやコーヒーテーブル、ダイニングテーブルからなるコレクションです。Strataは、廃品をプロダクトとして蘇らせることをコンセプトに作られており、材質には、オフィスなどから廃棄された家具をチップボードにしたものを使用しています。チップボードとバーチの合板の組み合わせが、独特の質感とパターンを生み出しています。
ズールー語でにわとりを意味するInkukuは、レジ袋を材質に使用しています。捨てられたプラスチックでオブジェクトを作る、アフリカの伝統技術を取り入れたものです。レジ袋を材質とすることで、欧米諸国の消費文化を強調し、店で配られるレジ袋が再利用可能であることを示しています。
Zilkaは、60年代調のパターンがデジタルプリントされたハンガーです。材質には古新聞を圧縮し再利用したものが使われています。デジタルのグラフィックとサステナブルな材質のコンビネーションであるZilkaは、既存の木製ハンガーの代替品になるだけの十分な魅力を持っています。


posted by DL at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。