Nov 28, 2008

MARK


Net by Sam Johnson


Slide by Anna Hart


Shaper by Kay+Stemmer


Ribbon by Tom Raffield

イギリス南西部のCornwall(コーンウォール)を本拠地とする新進メーカーのMARK 。ブランドの冠にProduct of Cornwallを謳い、コーンウォールブランドであることに誇りを持ち、全ての製品をコーンウォールで生産しています。
MARKは、デザイナーのAnna HartとJohn Millerによって設立され、2008年の100% Designでデビューしました。展示会で発表された14作品は、主にイギリスで活動する実力派デザイナーとのコラボレーションによるもので、コレクションは高い評価を得ました。
その後も、Elle Decoration for the British Design AwardsのBest New Brand賞にノミネートされるなど、順調な滑り出しを見せています。

Sam JohnsonによるNet Chairは、漁場で天日干しされるネットにインスパイアされています。ひとつひとつ異なる形状の39の部品を結合し、網目のパターンを再現しています。Netは、100% Designで the Blueprint Award for Best Interior Product を受賞しました。
Slideは、MARKの創設者でもあるAnna Hartによるデザインです。幅広のアームレストはサイドテーブルとしても使用でき、それにあわせて作業性の良い高さに調節されています。張地のバリエーションも豊富で、詰物はフォルムがくっきりとでる固めのフォームと、より柔らかなものと選ぶことが出来ます。
ロンドンベースの女性2人によるスタジオ Kay+Stemmer がデザインした Shaper は、サーフボードにも使われているBio Foamという素材を天板に用いたダイニングテーブルです。shaperはサーフボードを削る職人を意味する用語で、このテーブルもコーンウォールのサーフファクトリーで製造されています。コーンウォールはイギリス有数のサーフスポットとしても知られており、地場の技術や特色を活かした作品です。
いくつものリボンが絡み合ったような複雑な意匠のペンダントランプ Ribbon は、伝統的なスチームベンディングの曲木技術で作られています。デザインは、Sixixisの設立者のひとり Tom Raffield によるものです。Sixixisは現在活動を休止し、メンバーは個々の活動を行っています。


posted by DL at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。