Dec 12, 2008

Interview 13 : Jo Meesters



Scroll down for English text.


オランダのEindhovenにスタジオを構え、プロダクトデザインからアートディレクションまで多くのデザインプロジェクトに関わる Jo Meesters に、ダッチデザインやサステナブルデザインというキーワードについて話を聞きいてみました。


DL(以下D): デザイナーになったきっかけを教えてください。
Jo(以下J): 僕は幼い頃から常に、自分のまわりにぴったりとフィットするものを作り上げることで自分の世界を作ってきたんだ。学校に入る前まで"デザイン"という言葉は僕のボキャブラリーにはなかったのだけど、遅かれ早かれ自分はデザイナーになる運命であると気づいたろうね。

D: 最も尊敬するデザイナーは誰ですか?また、その人からどのような影響をうけましたか?
J: たくさんいるけど、Martin Margiela(マルタン・マルジェラ)は特に好きなデザイナーのひとりかな。洋服や素材の脱構築と再構築にかけては名匠だよ。彼は素材の本質を見抜く方法を知っていて、それを何か新しいものに変える力を持っているんだ。マルジェラはファッションや布地、ドレスといった枠を越えたデザイナーで、何かをつくるということになれば想像を現実に変えてしまような人だよ。

D: ダッチデザインについてどう思いますか?他国のデザインと差別化するダッチデザイン固有の何か決定的な特徴はあるのでしょうか?
J: ダッチデザインとは何かという定義を正確に述べるのは難しいのだけど、これには僕らを取り巻く文化的な環境が関係しているのではないかと思う。オランダ政府はデザイナーに対して積極的な支援を行っていて、助成金や革新的な方法による作品発表を奨励し、デザイナーの活動を活性化させるとともに、彼らの独創力を広く一般に向けてアピールする場を設けている。また、無名の人にも開けた環境、人間性、ガッツ、ユーモア、そしてミニマルな審美性を持つシェイプや独特な技法が好まれるという特質もダッチデザインに関係していると思う。ダッチデザインは、とても表現主義的で最先端であると同時に、コンテンポラリーデザインが抱える深刻な問題をはらんでいるね。

D: 日本のデザインシーンについてはどう思いますか?
J: 日本のデザインの審美的でミニマリズムなアプローチは本当に素晴らしいと思う。過去と現代、自然とテクノロジーといったコンビネーションはインスピレーションに満ちているよ。

D: 作品からクラフトマンシップへの深い情愛を感じます。ただ時としてマスプロダクションがクラフトマンシップを凌駕することもあるのではないかと思います。これについてはどう考えますか?また、この二者が共存することは可能だと思いますか?
J: 特にマスプロダクションに対する異論があるわけではないんだ。それどころか、マスプロダクションはものをより安価にし、広範なマスにとって手の届きやすいものにしてくれる方法だと信じてるよ。だけど、マスプロダクションのデメリットのひとつとして、消費者が身の回りのものの価値を真に理解しなくなってしまう、ということが挙げられる。安くていくらでも代替が可能だからね。その反面、クラフトマンシップはもっと感情に訴えるものを持ってる。ハンドメイドで唯一無二であったり、限られた数だけしか作られなかったり、長い間大切にしようと思わせる”特別”な何かを持っていると思う。

D: デザイン業界に限らず、全ての社会活動において”サステナブル”という言葉が近年のキーワードになっているように思います。サステナブルデザインというものについてどう思いますか?
J: そもそもサステナブルデザインって何だい?個人的には、サステナビリティーという単語はもっと違った方法で語られるべきものだと思う。サステナブルデザインとは自分達を取り巻く事象と末永い関係を築き上げることであり、持久的な社会を実現するための社会構造をデザインすることだと思うよ。人文主義的なデザインアプローチかな。

D: 現在、進行中のTESTLABプロジェクトについて教えてください。
J: Testlabは実験的な試みで、廃棄物を使ってプロトタイプを作っているんだ。素材の可能性を探求し、そこから何か新しいものを生み出そうというものだよ。基本的には目新しいアイデアではないかもしれないけど、すごく気に入っているんだ。全てのものには価値があって、どのようなものも他の使い道や別のかたちで再利用できる、という考えで育ってきたからね。

D: 現在、わたしたちは経済危機に直面し、世界経済は確実に後退局面にあると思われます。このような状況は、人々のデザインに対する考え方に影響を与えると思いますか?人々が、よりシビアにデザインを判断するという可能性もあのでは?
J: それは間違いないだろうね。デザインは"ツァイトガイスト(時代思潮)"と関連深いものだし、自分達を取り巻いている世界をどのように人々が捉えているか、ということを視覚化したものでもあるからね。デザインは時代のメタファーだよ。

D: 今後、わたしたちと末永く共存してゆくデザインとは、どういうものだと考えますか?
J: 僕らが身の回りのオブジェクトと末永い関係を続けてゆくために、デザインはもっと人間的で感情的であるべきだと思う。そうあれば完璧なんだけど、これはユートピアのような考えだね。

D: これはいつも最後に聞いていることなのですが、デザインを学びデザイナーを目指す日本の若者に何かアドバイスはありますか?
J: 自分の直感を信じ、それを忘れず大事すること。心をこめてつくること。


Dank u Jo!!
Ik houd van uw antwoorden!


D: What brought you to be a designer?
J: Since I was a child I was always creating the world around me by making things that would fit in perfectly. Design was not in my vocabulary before I started the academy but sooner or later I realised that it is destined to happen that I would become a designer.

D: Who is the designer you respect the most? And in which way has she/he influenced you?
J: A lot of designers but if I especially consider Martin Margiela as one of my favourites, a master of deconstruction and reconstruction of garments and materials. He has a way of seeing through materials and transforming them into something new, a designer beyond fashion, beyond the fabric and the dress and a man who makes his imagination a reality when it comes to creating a brand.

D: How do you describe Dutch design? Do you think it has any discriminatory character which makes a difference from others?
J: It is difficult to pinpoint what exactly the definition of Dutch Design is, but I think it has something to do with the cultural environment we're living in. The Dutch government has a role of a progressive patron to designers, giving them the chance to show their creativity to the public by stimulating them with grants and opportunities to manifest their work in innovative ways, which is stimulated. Dutch Design has also something to do with features such as being open to the unknown, humanity, guts, humour and a preference for unusual techniques and shapes with a minimalist aesthetic. Very expressionistic and extreme at the same time adressing crucial issues in contemporary design.

D: What do you think of Japanese design scene, on the other?
J: I really appreciate the esthetic and minimalistic approach of japanese design. An inspiring combination of the past and the contemporary, nature and technology.

D: I know that you're taking care of craftsmanship very well, but sometimes mass production overwhelms this craftsmanship. What do you think of it? Do you think those two could live together?
J: I'm not against mass production, on the contrary I believe it made objects more affordable and within reach of the mass market. However one of the downside of mass production is that the consumer doesn't really understand the value of the things surrounding us anymore, it is affordable and replaceable. Craftsmanship on the other hand has more emotional value, it is handmade and is probably a unique piece or made in a limited batch which makes it more "special", something to cherish for a very long time.

D: The term "sustainability" is a keyword in this decade with no doubt, for all social phenomena including the design matter. What do you think of sustainable design?
J: What is sustainable design? Personally I think that sustainability is a term which can be explained in different ways. It is about building a long term relationship with the things surrounding us. It is designing social structures creating an enduring society. A humanistic approach to design.

D: Would you tell me about your ongoing project TESTLAB?
J: Testlab is about experimenting and making prototypes using discarded materials, exploring the possibilities of the materials and transforming them into something new. Basically it is not a ground breaking idea but it is something that I am really fond of. I was raised with the idea that everything is valuable and that everything can be reused in some way or the other.

D: Now we are going through an economic crisis, and the global economy will definitely be descending. Do you think that it has an impact on how people consider design? People will be severe judges, possibly?
J: Definitely. Design is related with "zeitgeist". It is a visualization on how we perceive the world around us. A metaphor of time.

D: How do you think the design should be to get along with us for a long term in the future?
J: Personally I think that design should be more personal and emotional, creating a long term relationship with the objects around us. That would be perfect. But I guess it's an utopian idea.

D: This is the last one that I routinely ask for the end. Any advice or tip to young Japanese who are
studying design and want to be a designer?
J: Follow and cherish your intuition. Create by heart.
posted by DL at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | interview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111106236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。