Jan 30, 2009

imm cologne 2009


Composit Lounge by Stephan Burks


Adnan Serbest


Electric Light Shoe by FOC


WANNABE by Pulpo

1/19〜1/25の会期でドイツのケルンで開催された imm cologne 2009 (ケルン国際家具見本市)のファイナルレポートが発表されました。

今年のimm cologne には、7日間の会期で延べ約100,000人の来場がありました。(2008年:約107,000人 2007年:約106,000人) 世界を取り巻く経済状況の悪化の影響を受けてか、例年よりも来場者は減少しています。
出展者の数をみてみると、今回のimmには49ヶ国から1,057の参加者が出展しました。(2008年:53ヶ国 1,251組 2007年:57ヶ国 1,301) 来場者と比べると、出展者の前年比は大きく減少しています。この数字が、インテリア業界の深刻な経済状況を物語っています。
それでもリポートによると出展者の見本市に対する評価は、満足から大いに満足という回答が大部分を占め、フェア自体は現況をふまえると成功であったといいます。また、フェア会場でのトレードは活況で、2009年は家具業界にとって豊年になるであろうというドイツ家具産業連盟(VDM)の楽観予測を裏付けるものであった、とVDMのディレクターは評しています。
来場者についてもう少し詳しく見てみると、いわゆる成長市場とみられていた国々からの来訪が大きく減少したようです。これは現在の経済状況をそのまま反映しているといえます。その一方で、EU諸国のマーケットは安定しており、EU圏内からの来場者数については大きな減退はみられないということです。ドイツのある家具メーカーのチェアマンは、特にアジアや東欧諸国など海外からの来場者は減ったものの、EU主要国からの受注は良好であった、と発言しています。

フェア会場で見られたトレンドとしては、やはり、どの分野においてもエコフレンドリーがキーワードとして求められていたようです。再利用できる素材やリサイクルへの可能性が、購買の重要な判断基準となりました。
また、これまでにみられた居住スペースと食との同調は、ベッドルームやバスルームへと移行してきているようです。ホワイトは依然トレンドカラーで、ソファやチェアなどではバロック調の装飾が流行のようです。自らの住居やインテリアに対する男性への意識も高まってきており、技巧を凝らした洗練さが彼らを惹きつけたということです。


posted by DL at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。