Feb 25, 2009

Behind the Scenes


by Ristomatti Ratia, 2008


by Kristiina Lassus, 1994


by Raimo Volanen, 1968


by Lisa Johansson, 1950s

photos: Kalle Kataila/Designmuseo


ヘルシンキのDesignmuseo(Design Museum)で、Behind the Scenesという展示が2/13〜4/5までの会期で開催されています。

Behind the Scenesは、1949年に設立されたSIOというフィンランドのインテリア建築協会の60周年を記念した展示会で、この60年間のフィンランドデザイン史の中で、あまり表に出ることのなかった家具のプロトタイプに焦点をあてています。
展示にはテーブルやランプ、キャビネットなど有名、無名を問わず様々な作品が並びますが、とりわけイスに力点が置かれています。作品が作られた年代も50年代から90年代、最近のものまで広範囲にわたります。
この展示を開催するにあたって、100以上の作品が展示の候補となりましたが、デザイナーのPasi Pankalainen、Jarvi&RuohoのTeemu JarviとHeikki Ruoho、建築家Eeva Lithoviusによって、最終的に50ほどの作品が選定されました。Jarvi&Ruohoは、展示の構成も担当しています。

多くのプロトタイプやサンプルは、生産技術や商業上の理由から製品化に至らず、市場に出ないことがほとんどです。しかし、家具工場や工房で製作されたプロトタイプは、非常に興味深く、また、デザイナーの個性的な作品であることには変わりありません。Behind the Scenesは、これらの作品に焦点をあて、製品化という日の目を見ずにシーンの裏側に隠れてしまっていた、フィンランド家具のプロトタイプを集めたユニークな展示です。


posted by DL at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。