Mar 13, 2009

Interview 15 : Camp Site


Camp Site members (c)Henrik Bonnevier

top (from left):
Anna Irinarchos, Hanna Brogard, Malin Lundmark
bottom (from left):
Johanna Asshoff, Lisa Widen, Moa Jantze



Design Bar at the Stockholm Furniture Fair 2009

Scroll down for English text.


今回は6人のスウェーデン人デザイナーから成るデザインコレクティブ Camp Siteのメンバーのひとり、Anna Irinarchos (WIS Design) に話をうかがいました。
Stockholm Furniture Fair 2009でのDesign Bar のデザインコンセプトや環境問題への取り組みなど、CampSiteの行動指針や活動内容について話を聞くことができました。


DL(以下D): まず最初にCamp Siteの成り立ちを教えてください。どのようにしてCamp Siteはスタートしたのでしょう?
Anna(以下A): 私たちは皆、2006年のStockholm Furniture FairのGreenhouseに出展していて、その時からお互いを知っているの。そしてすぐに全員がスペインのLampisterという照明メーカーと仕事をしているとわかったわ。皆それぞれが互いのデザインや物事の考え方に好感を持ったので、何か一緒にやらないかという話し合いがすぐにスタートしたのよ。

D: Camp Siteの目指すゴールというものは何ですか?
A: 私たちは、時としてグループとして活動することが自分達の作品をより豊かにする、と感じているの。お互いからより大きくて力強い影響を受けるし、学ぶことも出来る。忘れてはならないのは、一緒にいて楽しいということ!

D: Camp Siteの6人のメンバー全員が女性のデザイナーです。これは偶然によるものですか?
A: それは偶然なのだけど、確かにそのことは念頭にあったわね。例えば女性は往々にしてメディアに自らのデザインを表現する機会が少ないと思うし、この業界では男性のほうがより有利な契約を結んで長期間にわたりより多くのお金を稼いでいる。この状況を変えられるようなことをやりたいと思っているの。もっと平等であるべきよ。だからこそ私たちは結束して、互いの作品を強化させる必要があると感じているわ。

D: 6人それぞれのアイデアをひとつに集約することは難しいのではないですか?
A: 時にはね。皆それぞれ違った意見を持っているから。だけど、ほとんどの場合は互いに歩み寄ることができるし、最終的にはその解決策がより良い考えで正しい進行方向であることが多いわね。

D: Camp Siteは、2009年のStockholm Furniture Fairの会場内に設営された”Design Bar”のデザインを担当しました。そこで使用された家具一式は、会期終了後にリサイクルとして赤十字に寄付され、そのことが今回のカフェの重要な要素のひとつとなりました。どのようにしてこのコンセプトが決まったのでしょう?短期間で解体されてしまう、その場限りのインスタレーションに疑問を感じていた、ということでしょうか?
A: ええ、ほんの数日間のインスタレーションを行って、その後は全て捨ててしまいましょう、というのは正しいことではないと私たちは感じたの。昨今では環境問題がかつてないほど注目されているし、中でもリサイクルは重要な部分を占めている。当然、環境破壊を避けるための最善策をとりたい、という思いが私たちにはあるわ。

D: インスタレーションをリユース、リサイクルするというコンセプトが、自由なデザインを阻むということはありませんでしたか?この原則によって、断念せざるをえなかったこともあるのではないですか?
A: もちろんこの方法を選んだことによって変更を余儀なくされたところもあったわ。だけど決して私たちを躊躇させるようなものではなかったわね。デザインをしていると、必ずといっていいほど最初のアイデアには妥協したり犠牲にしたりするものがでてくる。与えられた制約を最終的に何かより良いものへと変えることが、デザイナーという仕事のひとつでもあると思う。簡単なことではないけれど良くあることだし、まさにそれが、少しでも長い時間考えをめぐらせることへとつながるのよ。

D: このリサイクルというコンセプトを今後も続けてゆくのですか? これがCamp Siteのメインテーマのひとつということでしょうか?
A: どのような仕事をするにしろ、今後も私たちは環境への配慮を続けていく。だけど今後、ただリサイクルだけに焦点をあててゆくのかというと、まだはっきりとしないわね。

D: サステナブルデザインについてはどう考えますか?何かを生み出すということは、同時に多かれ少なかれ地球上の何かを消費することでもあると思います。常に何か新しいものをつくり続けなくてはならないデザイナーという職業は、いたく葛藤に苛まれているのではないかと想像します。環境にできる限り負荷をかけずに共存してゆくより良い方法はあるのでしょうか?
A: ええ、確かにあなたの言うとおり葛藤に溢れた立場にあるわね。だけど新しいものをデザインするのが私たちの仕事よ。常に新しい人々は生まれてくるし、新しくてより機能的な製品も求められている。古いものと新しいものとをミックスさせることも必要なのではないかしら。大事なことは、新しく作られる製品はきちんと環境に配慮されていなければならない、ということ。また、長い年月使えるものでなくてはならないし、長い目で見て大量消費を助長するものであってはならないわ。

D: Camp Siteの次の活動は何ですか?すでに進行中のものや近い将来にスタートするプロジェクトはありますか?
A: 小さなものから家具やインテリアまで、私たちは皆個々に様々なプロジェクトを抱えているわ。

D: 話は飛びますが、最後の質問です。デザインを学びデザイナーを目指す日本の若者たちに何かアドバイスはありますか?
A: そうね、たくさんあるのだけど、一番大事なのは常に楽しんでやること。創造に喜びや情熱を感じなければ、デザイナーという仕事を選ぶ意味は全くないわ。

Tack sa mycket, Anna!!
We all have to know it's a time to care about environment much more. in this respect I'm sure you guys have already stepped ahead. Admiring!



Interview with Anna Irinarchos (WIS Design), a member of Swedish designcollective Camp Site which consists of six young talents.


D: First of all, please tell me the starting point of Camp Site. How didthe collective start?
A: We knew about each other since we had exhibited at Greenhouse at StockholmFurniture Fair at the same time in 2006. Shortly after that we all noticedthat we worked for the same Spanish producer of lightings called Lampister.Shortly after that we started a discussion about doing something together,since we all liked each others' design and way of thinking.

D: And what is the goal that Camp Site tries to achieve?
A: We felt that working in a collective from time to time, would enrichour work. We could all learn from each other and make a bigger, more powerfulimpression. Not to forget, we have fun together!

D: Camp Site consists of six Swedish designers but they are all female.Is there anything more than a coincidence?
A: It's a coincidence but we did have it in mind. We know that women areless frequently represented for their design in media for example. It alsoappears that the men in our industry make better contracts and in the longrun earn more money. We want to do what we can change this. It must bemore equal. Therefore we felt a need to get together and strengthen eachother in our work.

D: Isn't it difficult to integrate six individual ideas into one, by theway?
A: It can be sometimes. We all have different opinions. But mostly we allfind a way to compromise and in the end the solution is mostly more wellthought and the right way to go.

D: Camp Site was commissioned to design "Design Bar" at the fairgroundof the Stockholm Furniture Fair 2009. I know one of the biggest point ofthe bar was that all the furniture installed in the bar went to the RedCross with the idea of recycling after the fair period. How did the conceptcome to you? Had you had a sense of incongruity with a pop-up installationwhich was dismantled in a short time?
A: Yes, we felt that it was wrong to do an installation for a few daysand then just throw everything away. In these times the environment ismore than ever in focus, and recycling is an important part of that. Weobviously want to do the best that we can to prevent environmental degradation.

D: Didn't the concept to reuse or recycle the installation prevent youfrom freely designing? There was nothing you gave up because of this rules?
A: Of course there were things we had to change because of that choice.But it was never something that made us hesitate. One must almost alwaysmake compromises and sacrifices on your first ideas when designing. Itis part of the work as a designer to turn limitations into something thatbecomes even better in the end. It is not always easy but just as oftenit is precisely this that makes you think maybe a little bit longer.

D: Do you keep on this recycling concept? Is this one of the main themeof Camp Site?
A: We will continue to think about the environment in our work regardlessof how we work. But it's not certain that we will just focus on recyclingin the future.

D: What do you think of sustainable design? To produce something couldbe to consume something on the planet more or less. And the designer, whichhas to keep creating something new all the time, is a profession full ofconflict, I guess. Do you think we can find out the better way to get alongwith the environment inflicting less impact?
A: Yes, as you say, it is a conflictfull situation. But it is our professionto design new products. New people are born all the time and we need new,more functional things. We believe that one should mix the old stuff withnew. What is important is that the new products are done well environmentally.They should also be made so that they can be used for many years and thiswill help to prevent overconsumption in the long term.

D: What happens next to Camp Site? Do you have any project ongoing or beingabout to start in the near future?
A: We all have many individual projects going on, both with smaller thingsand furniture but also interiors.

D: This is the last question and sorry for changing the subject in a sudden.Any advice or tip to young Japanese who are studying design and try tobe a designer?
A: Well there could be so many. But most importantly, they should alwayshave fun. Without the joy and passion for creating there is no point inchoosing to work as a designer.
posted by DL at 13:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | interview
この記事へのコメント
ヴィクトリアズシークレット 店舗
Posted by モンクレール 偽物 at 2013年08月06日 03:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115560021
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。