前の記事 TOP 次の記事

2009年03月23日

DUSTDELUXE


Strukt Table
(c)Tine Claerhout and Glenn Versonnen




Strukt Chair
(c)Irne opezzo



Playtime designed by Damien Gernay,
Jeremy Vanneste
(c)Jacky Lecouturie
r

ベルギー、ブリュッセルを拠点とする DUSTDELUXE
デザイナーのDamien Gernay は、フランス北部のLe Fresnoy, studio national des arts contemporains(ル・フレノワ国立現代芸術スタジオ)でデジタルアートを学んでいます。それまで現代舞踊や舞台の美術担当として経験を積んできましたが、ル・フレノワで学位を修めると、2006年にDUSTDELUXEとしての活動をスタートさせました。
Damien Gernay は、敏感な現代世相やこれまでの経験則に従ったアプローチから3Dのオブジェクトに取り組んでいます。彼のアプローチ法では、材質はひとつのボキャブラリーとしての役割を果たし、物事を応用し重ね合わせることでDUSTDELUXEの作品という独自の言語が生み出されています。

Struktシリーズは、2008年に発表されたダイニングテーブルとチェアからなるコレクションです。2枚のアルミシートでエポキシフォームを挟んだ3層構造となっています。フォームの持つ液胞状の性質や密着性、低膨張率という物質的な特徴が合わさって、軽量且つ強度の高い家具が実現しています。材質にアルミを用いているので、屋内外どちらでも使用することができます。
Playtimeは、モジュールを組み合わせることで自由にレイアウトを変更することができるウォールマウントのシェルフです。Playtimeは、フランス人映画監督Jacques Tati(ジャック・タチ)の作品にみられる体系や生き生きとした世界観に影響を受けており、ネーミングもTatiの同名映画にちなんでいます。Playtimeは、Jeremy Vannesteとのコラボレーションによるものです。

このほかにもDUSTDELUXEは、温度によって色が変化するインクを使用した壁紙や様々な材質を組み合わせたテーブルなどユニークな作品を発表しています。
DUSTDELUXEは、2007年からサローネサテリテなどの国際的な展示会に参加しはじめ、2008年にはケルンのIMM Cologne、ニューヨークのICFFやロンドンの100% Design など数多くの展示会に参加しています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by DL at 14:28 | furniture

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa