Jun 10, 2009

DMY Awards 2009


The Idea of A Tree by mischer'traxler


photo: Frederico Testa


Chiquitachandelier by Sandberg Institute
photo: Sandberg Institute



You May by Walking Chair
photo: Tobias Goetz


6/3から6/7までの5日間にデザインフェスティバル DMY 2009がベルリンで開催され、DMYが2009年からスタートさせた新しいプログラム DMY Awards の受賞者が、会期中の6/5に発表されました。
Awardsは、DMYに参加する作品の中から審査員が優れた作品を選出するもので、10作品がJury Selection(審査員選定作品)として選ばれ、さらにその中から3作品がAwards受賞作品として表彰されました。
受賞作品は、ウィーンのmischer'traxlerによるThe Idea of A Tree、同じくウィーンのデザインスタジオWalking-Chairによる YOU MAY、アムステルダムのSandberg Institute(Applied Art Department)の学生によるグループ展示 Domestic Making、の3作品です。

The Idea of A Treeは、ソーラーパワーのみを動力源に動作する機械です。日中の日光量に応じて装置が動き、そのときどきの空模様によってできあがるオブジェクトが変化します。装置は大きな糸巻きのような機構で、2つのコイルのあいだには染料と接着剤をつける装置が設けられています。日光が多く当たればコイル部がより速い速度で回転し、より多くの糸を巻き取るので糸の染色はうすくなり、できあがりのオブジェクトは大きくなります。日光が少ない時間は装置がゆっくりと動作するので、その逆の結果となります。一日のなかで、降りそそぐ日光量が変化することで、オブジェクトにイレギュラーなパターンが生まれ、できあがるオブジェクトは変化に富みます。
Domestic Makingは、アムステルダムのSandberg Instituteの学生達が、サステナビリティーをテーマに様々なマテリアルをリサイクルして作った作品を発表するグループ展で、Heinz Minkiというアパートを利用したスペースで展示が行われました。彼らは、Heinz Minkiのアパートという特性を有効に利用し、実際の家庭生活と関連の深い作品とインタビューなどの映像作品を会場に展示しました。
YOU MAYは、Walking-Chairとデンマークのクリエイティブプラットフォーム、LYNfabrikkenによるコラボレーションプロジェクトとして開発された公共施設向けのデッキテーブルです。複雑なフォルムは公共スペースにおける、ミーティングポイント、リラックススペース、ワークスペースといった様々なニーズに応えるようデザインされたものです。

これらのDMY Awards 受賞作品、Jury Selection選定作品は、2009年の8月にthe Bauhaus-Archiv/Museum fur Gestaltung で開催される特別展で公開される予定です。

以前の関連記事はこちらです。
DMY 2009


posted by DL at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | competition and awards
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。