Jul 15, 2009

SURTIDO DE MUTACIONES








projects by Sandra Bautista


projects by Ferran Lajara

photos: Pato Conde
project: in collaboration with Pasajes Diseno


2009年5月末にスペインの若手デザイナーのためのプラットフォーム Surtido が、SURTIDO DE MUTACIONES というワークショップを開催しました。

ワークショップは、DIY組み立ての家具を扱う大型店舗 IKEAで販売されているものを自由に組み合わせて新しいオブジェクトを製作するというもので、スペインで活動する14組の若手デザイナーが参加しました。ワークショップはSurtidoとPasajes Disenoとうデザイン専門誌の共催で行われ、その様子や作品はPasajes Disenoの7月号の特集として取り上げられています。
IKEAはシンプルで機能的な家具を安価で販売しており、そのほとんどが自ら部品を組み立てるノックダウンとなっています。また、ネジや棚板、脚など部品単位で販売されているものが多くあるのも特徴です。SURTIDO DE MUTACIONESでは、このIKEAを家具店というよりもマテリアルの宝庫であるホームセンターのような存在と捉え、今回のワークショップのテーマとしています。
参加デザイナーはそれぞれIKEAで様々な家具や部品を買い揃え、そのコンポーネントをもとに新しいオブジェクトを製作しました。できあがった作品は照明からイス、テーブルなど多様で、どれもmutacion(変化)と呼ぶにふさわしいユニークなものばかりです。

Surtidoについて説明を加えると、このプラットフォームは2008年の11月にデザイナーのMarc Morroによって設立されたプロジェクトです。
Surtidoはスペインの若手プロダクトデザイナーのためのプラットフォームで、展示会やワークショップなどを通して彼らの相互間の連携、他の組織や企業間との関係を深め、スペインの若手デザイナーの実力をアピールしようというものです。それゆえにスペイン人デザイナーということと、若手ということに重点を置いて活動しています。
これまでにいくつかの展示会やワークショップを開催しており、今回のSURTIDO DE MUTACIONESは、Surtido 5つめのプロジェクトとなります。


posted by DL at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | design
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。