Aug 20, 2009

Barnaby Tuke


This clock
in collaboration with Studio Special



Concrete seat


Blenheim Crescent


Blenheim Crescent, loo

イングランド中部ウェスト・ミッドランドのカウンティ、Shropshireで活動するデザイナーのBarnaby Tuke
彼は、ロンドンのRCAでプロダクトデザインを学び、同校卒業後の2000年から家具やプロダクト、インテリアなどのデザイン活動を開始しました。
以後、様々なデザイナーや建築家、団体などとプロジェクトに取り組み、国際的な見本市などにも多く参加しています。

This clockは、ロンドンの新鋭デザインスタジオ Studio Special とのコラボレーションによる壁掛け時計です。ビーチ材の木目をいかした本体に、シルクスクリーンの文字盤とストレートな針のみという非常にシンプルな構成ですが、クォーツ部を本体に埋め込み壁とのクリアランスを無くしたり、針の軸が表面にあらわれないようにするなど細部にも配慮がなされています。針のカラーバリエーションは4種用意されています。
Concrete seat は、スーパーマーケットの公共ベンチとしてデザインされたもので、コンクリートをプレキャストしています。滑らかな曲線でラインを描くことで、堅く冷たい印象のコンクリートにソフトな印象を与えています。
Blenheim Crescentは、ビクトリア調アパートメントのリノベーションプロジェクトです。壁のパネルやオーク材のキッチンコンポーネント、コンクリートの洗面所など全ての設備を新しくしつらえています。間仕切りとしてリビングルームにコンクリート製の大きな衝立を設置し、ひとつの空間というつながりを持たせながらキッチンとその他のスペースをうまく区切っています。
posted by DL at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | design
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126097141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。