Aug 24, 2009

Marco Acerbis


Kloe




Fly


Superego

イタリア北部のBergamoで活動するデザイナー Marco Acerbis
彼は、ミラノのPolitecnicoで建築を学び、その後、渡英し建築家のNorman Foster卿のもとでImperial College CampusやCapital City Academyなどの大規模建造物のプロジェクトに携わりました。2004年にイタリアに帰国すると、自身のスタジオを設立し、建築だけではなくインテリアやプロダクトデザインなどこれまでに多くの手がけています。
特にプロダクトデザイン分野ではすぐに頭角を現し、2004年にFontana ArteからリリースしたVertigo floor lampは発表後まもなく評判となり、現在はVitra Design Museumにも収蔵されています。また、いくつかの作品でred dot やCompasso d'Oro ADI などのデザインアワードを受賞しています。

Kloeは、イタリアのDesaltoからリリースされているアームチェアです。ソフトネスとサプライズをコンセプトにしており、全体を曲線的なラインで構成しています。真横から見ると、座面部分とフレーム部分の間が、くの字型にくりぬかれたような中空構造となっており、正面から眺めたときとは異なる印象を与えます。Kloeは、2009年のred dot Design Award 受賞作品です。
AliasからリリースされているFlyもまた、曲線に焦点をあてていますが、こちらはFlyの名が表すとおり軽くシャープなラインとなっています。座面とバックレストの表面にのみツヤ加工が施され、側面や脚などその他の面はマットに仕上げられています。2種類の異なる仕上げを施すことで、一体成型の単一な素材感に多面的なテクスチャーをあたえています。
Superegoは、Acerbis Internationalから2007年に発表された革新的なデザインと機能を持つサイドボードです。ラウンドフォルムの大きな2枚の扉は独自のアームシステムにより、もう一方の扉に重なるように大きくスライドします。サイドボードの内側には照明が組み込まれており、フロントパネルを開けると自動的に内部を照らす仕組みになっています。
posted by DL at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。