Mar 01, 2007

iittala - kitchen wear




sarpaneva


origo


maribowl

フィンランドのガラスメーカー、iittala の起源は1881年まで遡ります。フィンランド南部の小さな村で始まったガラス工場は今や北欧を代表するトップブランドに成長しました。現在ではガラス器だけではなく陶器やキッチンウェアのメーカーとしても世界に名を馳せています。
sarpanevaは1960年に発表されたキャストアイロン製の鍋で、Timo Sarpaneva によるデザインです。祖父が鍛冶屋だったことから幼いころより溶鋼に接していたTimoは、古典的な鉄鍋を現代風にアレンジしました。ユニークな木製のハンドルは鍋の持ち運びや熱くなった蓋の開閉に使います。キッチンからそのままテーブルへ持ち運べるので、その場でとりわけていただく料理に最適です。鉄の深鍋というとダッチオーブンのような無骨なイメージがありますが、sarpanevaは見た目に美しいので食卓の雰囲気をこわしません。その美しいデザインから、フィンランドではかつて記念切手の絵柄にもなりました。
どこかクラシカルなたたずまいのmaribowlは、フィンランドのテキスタイルメーカー、marimekkoとのコラボレーションです。カラーのバリエーションも実に豊富で、いくつも揃えたくなってしまいます。イッタラとマリメッコとのコラボレーションは他にもキャンドルホルダーのkiviや、teemaにbottnaの柄をあしらったものなどがあります。


posted by DL at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | kitchen
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。