Jul 31, 2007

Quinze & Milan


MINUS+


The Groeninge Museum, Kortrijk


Puppy Love


Onitsuka Tiger meets Arne Quinze


ベルギー人デザイナーの Arne Quinze が、Yves Milan と共に立ち上げたデザインスタジオ Quinze & Milan 。ディレクターのArne Quinzeは、波乱万丈の青年期を過ごし、デザインに関しては正統な教育を受けていません。彼は15歳でホームレスになり、街を放浪しては食べ物をくすねて飢えをしのぐという生活を半年間続けました。当時の彼にとって唯一のエネルギー発散の場がグラフィティーアートでした。その後は暴走族の仲間とともに無数の電車やトンネル、壁にスプレーペンキでグラフィティーを描き、創造力を培っていきました。その間も彼はファイティングスピリットを持ち続け、その精神が彼の、物事を成し遂げる能力の源となっています。出来るはずがないと言われて初めて、そのプロジェクトへ本当の興味がわく、と彼はいいます。
Arne Quinzeが始めてデザインを発表したのは1999年、PRIMARYというコレクションでした。PRIMARYは、Quinze & Milanが独自に開発したQM FOAMという素材を使用したソファーやスツールのコレクションで、現在では世界中で販売されています。Quinze & Milanの全てのコレクションで使用されているQM FOAMとは全天候型で、防水、UVプルーフの屋外使用にも適した素材です。PRIMARYのキッズ用といえるMINUS+は、柔らかく心地の良い素材で、子供が安心して使うことのできる家具です。
2006年にQuinze & Milanは、彼らののホームタウン、ベルギーのKortrijkにあるThe Groeninge Museumの講堂と映写室のインテリアを手がけました。ホールはカラフルなRoom26という彼らの作品で構成されています。様々に組み合わされた賑やかカラーで、常にホールを明るく印象づけます。
オリジナルのコレクションだけではなく、Morosoなど多数のメーカーをクライアントにもつQuinze & Milanですが、その幅は家具だけにとどまらず、2007年には日本のオニツカタイガーとのコラボレーションも実現しています。また、Luminaire主催のチャリティーオークションのためにLove Puppyのプロジェクトにも参加しています。

自分自身の力によって人生を切り開いてきたArne Quinzeは、ボーダーラインと呼ばれるものを好まず、常に新しいものへと挑戦しています。


posted by DL at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | design
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。