Aug 27, 2007

Demelza Hill


Snap and Dine


RugBag


New Lease of Life


Pulp Everyday

プロダクトデザイナーの Demelza Hill は、イギリスのブライトンにある Brighton University で3Dデザインを学びました。彼女はもともとイギリス南東部のHertfordshire出身で、アートの基礎はロンドンのKingston Universityで学んでいます。
Demelzaは、日々のオブジェクトや素材に対する人々の認識という点に挑み、作品とユーザーとの相関関係を探ります。
彼女は、作品に幅広い素材と技術を使用し、ユニークで人々の目を惹きつけるデザインを生み出します。

Snap and Dineは、使い捨てのカトラリーをプラモデルのように一枚のプレートにセットにしたものです。フォーマルなカトラリーのレイアウトは、時を経て忘れられたマナーやエチケットの補填が意図されています。容易に持ち運びができるので、アウトドアでもきちんとしたカトラリーを使って食事をすることができます。
RugBagは、名前の通りですが、バッグとラグマットを一体化したものです。ピクニックの際に、いくつもバッグや荷物を抱えることなく、全てをひとまとめにする便利なバッグです。目的地では、バッグからワインや食事を取り出し、バッグを広げればラグマットが現れます。食事の後は通常のバッグとして街歩きで活躍します。
8点のデザインもブランドも異なるグラスのセットからなるNew Lease of Life。ばらばらに集められた中古のグラスの土台部をペイントし、同じ高さにラインをあしらうことで、あたかもセットであるかのような統一感を実現しています。不揃いの中古グラスに新たな生命を吹き込み、うまくひとつの作品として再生させています。

Demelzaの作品は、実に多様な素材が用いられています。フェルトやニット、Pulp Everydayにみられるような再生紙など。そこには、彼女の創造への探究心が表れているように感じます。
Snap and Dineは、今年のミラノサローネの期間中にBritish Councilが主催した Top Ten/Dieci e Lode 展に参加しています。この展示会は、学生のデザインコンペから、 Tom Dixon らの審査員によって選出された10人の作品を展示するというものです。
その実力は折り紙つきで、大学卒業後の彼女の本格的な活動が楽しみです。


posted by DL at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | design
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。