Aug 30, 2007

Design Forum Finland


the Flip Chair and Table
by Huonekalutehdas Korhonen Oy
(c)Marja Helander



Ilmassa designed by Maija Louekari
for Marimekko Plc (c)Marimekko Oyj



the Rosebud Chair by Vivero Oy
(c)Vivero O
y


the Humanic Reach Truck by Rocla Plc
(c)Rocla Oij


以前にスウェーデンのデザイン協会 Svensk Form を紹介しましたが、今回はフィンランドの Design Forum Finland です。
Design Forum Finland (FDD)は、1875年に設立された the Finnish Society for Crafts and Design (フィンランドクラフトアンドデザイン協会)によって運営されています。DFFは、フィンランドの工芸や工業デザインを国内外に広く促進することを目的として活動しています。その活動はフィンランド政府の文部省や通商産業省によって支援されていますが、FDDは独立機関として運営されています。
FDDの活動の骨子となっているのが、ヘルシンキにある展示場や国外での展覧会の主催や数々のデザインアワードの開催です。年間を通して様々な展示が行われる会場には年間約65,000人の来場者を集めます。

FDDが、保険会社のFenniaグループと共催するデザインアワードが、Fennia Prizeです。隔年で開かれるFennia Prizeは、2003年から始まり今年2007年で3度目の開催となります。Fennia Prizeは、フィンランド企業の国際的な競争力と高水準の工業生産の支援と促進を目的としています。2007年のグランプリの受賞企業には€15,000、Fennia賞を受賞した4企業にはそれぞれ€5,000の賞金が送られました。そのほかに名誉賞として16の企業が選出されました。
Huonekalutehdas Korhonenによるthe Flip Chair and Tableは、Fennia賞を受賞したもののひとつです。大人向けのデスクとイスは、スタッキングが可能になっています。
MarimekkoのテキスタイルIlmassa、Viveroのthe Rosebud Chairはともに、名誉賞に選ばれています。Finnia賞、名誉賞に選出されている企業は、家具に限らずNokiaのような携帯電話や時計、歯科用精密機器まで幅広い業種から選出されています。
そして2007年のグランプリを受賞したのが、Roclaのthe Humanic Reach Truckです。これは倉庫などで使用されるフォークリフトです。Roclaは、4年前からインハウスのデザイナーを雇っており、デザイン戦略を重要視してきました。今回はユーザビリティや機能性、信頼性などの要素が要約されたデザインが高く評価されたようです。

FDDでは、Fennia Prizeのほかにも、フィンランドのデザイナーやグループを対象とした、カイ・フランクにちなんだThe Kaj Franck Design Prize 、若きデザイナーの支援を目的として2000年に設立されたThe Young Designer of the Year Prize などのデザインアワードを主催しています。

以前の関連記事はこちらになります。
Svensk Form


posted by DL at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | design society
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。