Oct 19, 2007

Interview 06 : Kiki van Eijk



Scroll down for English text.

オランダの若手デザイナー Kiki van Eijk 。彼女はプロダクトデザインだけではなく、食に関わるプロジェクトにも携わっています。今回は食の魅力や各国での展示会の感想など、いくつかの質問に簡単に答えてもらいました。


DL(以下D): デザイナーになったきっかけは何かありますか?
Kiki(以下K): 子供の頃からいつも何かしらクリエイティブな仕事に就くべきだと考えていたの。小さい頃はアーティストになるつもりだったけど、歳をとるにつれてより具体的なものに興味を持つようになったわ。今は作品に何か私の世界観を加えて美しいものに仕上げようと努力してる。

D: 最も敬愛するデザイナーは誰ですか?また、どの様な影響を受けましたか?
K: Charles & ray Eamesと Castiglioniね。彼らの作品にみられる多様性や、とりわけ、個性と作品のソウルに影響を受けたわ。

D: あたらしい物をつくるときにインスピレーションを受けるものはありますか?
K: 多くの場合が予期しないもので、本当に些細なことよ。引き出しの裏に落ちてしまったおばあちゃんのボタンや刺繍針みたいなものね。でも私はこれらをすぐに新しく解釈して背景を大きく捉えるの。私のデザインはここから得られるわ。デザインというものは、忘れられてしまった美しいオブジェクトに対する叙情詩みたいなものね。

D: 今後チャレンジしたい素材や技法はありますか?
K: 3Dレーザーとスキャンはとてもおもしろい技術ね。これを使えばいくらでもフォルムやプロポーションを考えられるわよ。

D: 訪日したことはありますか?もしあれば、その時の印象を教えてください。
K: 去年のデザインタイドで日本に行ったわ。日本はとても美しい文化と精神性、それから自然で素晴らしいスタイルと審美性を持っていると思う。

D: デザインという観点から、日本の伝統や文化についてはどう思いますか?
K: 日本のデザインは、素材や構造に対するとてもよい感覚を持っていると思うわ。美しくて落ち着いたフォルムについても同じことが言えるわね。

D: アイントホーフェンの街の良いところと悪いところを教えてください。
K: アイントホーフェンのおもしろいところは、発展していくデザインシーンね。実際、日々たくさんのデザイナーが自分の会社を設立して作品を製作し、売っている。街には経験主義的な感覚が溢れているの。人々は率直で全てがゆっくりとしたテンポに感じられる。心地よくてとても人間味がある感じ。

D: 今年もいくつかの展示会に参加していますが、その国々で人々の反応や意見は違いますか?
K: イエス。例えば、イタリア人はとても感情的でいろいろな種類のデザインに魅了されるけど、オランダやイギリスでは一般的に人々はデザインひとつひとつで感動するかどうかが変わってくる。私にとっては、それが一番重要なのだけど。

D: デザインと同じくらい食べ物にもある種の情熱を持っているよう見受けられますが、食べ物のどのような点が魅力的ですか?
K: 食べ物の持つ原始的な役割と贅沢品としての価値のコンビネーションという点かしら。食事は一日に3回必要なものだけど、必要物という枠を超えた(社交的な)経験をすることもできるわ。

D: デザインを学ぶ日本の若者やデザイナーを目指す人に何かアドバイスをお願いします。
K: オランダは一定の期間でデザイン精神を経験するには最適な国よ。オランダはあなたの心を解き放って、デザインだけではなく人生における目標を維持する手助けをしてくれるはずだわ。

Thank you Kiki!
Looking forward to seeing your chair at NWCoT in Tokyo.


D: What brought you to be a designer?
K: As a child I always knew I had to do something creative. As a child I thought I would become an artist. But when I grew older I got interested in something more concrete. And now I try to add something with my look upon the world by integrating this in beautiful pieces.

D: Who is a designer you respect the most? And in which way has she/he influenced you?
K: Charles & Ray Eames, Castiglioni. The diversity of their works and above all the personality and soul that's in the work.

D: What inspires or leads you to new creation?
K: Most of the times it comes from something unexpected and very small. Almost hidden objects in the back of a drawer like the buttons of grandma, some needlework tools etc. These are things I immediately place in a new, bigger scale context and where I derive my designs from. The designs are like an ode to these forgotten, but beautiful objects.

D: Are there any materials or innovations that you would like to try in the future?
K: 3D lasering and scanning could be a very interesting technique for my work. This way you can think endlessly in forms and proportions.

D: Have you ever been to Japan? If you have, where was that and how did you like it?
K: Yes, Last year during Design Tide. I think Japan has a very beautiful culture and mentality and a natural way of great styling and aesthetics.

D: What do you think about Japanese tradition or cultural background from a design perspective?
K: I think Japanese designs have a very good feeling for material and structure and also for beautiful sober forms.

D: How do you describe the city of Eindhoven where your studio settles? In good and bad way?
K: Interesting about Eindhoven is the growing design scene and the fact that more and more designers set up their own company and become self producing and distributing. There's a big experimental feel about it. People are down to earth and everything feels low key, which is pleasant and very human. Less interesting is the architecture and amount of museums, galleries, markets etc.

D: Participating a couple of exhibitions this year, do you think that the reactions or opinions you got from people varied in each country?
K: Yes, for example the Italians are very emotional and feel attracted to different kind of designs then the Dutch or English for example. But in general people get moved by the designs, which is most important for me.

D: I guess you have some kind of affection toward foods as well as design, which aspect of food fascinates you?
K: The aspect that it's a combination of primary good and luxury good. You need it, 3 times a day, but you can make a (social) experience out of it.

D: Any advice or tip to young Japanese who are studying design and aim to be a designer?
K: Holland is a great country to experience the design mind for a certain period, it'll free your mind and help you to continue your personal goals in design and life.


posted by DL at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | interview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。