Nov 01, 2007

No Windmills, Cheese or Tulips : Opening






Margo Konings


Kiki van Eijk

以前から何度か取り上げていますが、ダッチデザインのインスタレーション No Windmills, Cheese or Tulips (NWCoT)が10/31〜11/4の会期で南青山のL'ECLAIREUR(レクレルール)2FのESPACE 218で開催されています。
写真は作品を上から撮ったものではありません。すこしわかりづらいのですが、インスタレーションは画像の向きにディスプレイされています。作品はフロアに横たわる感じに壁から突き出たようなかたちです。
展示は17世紀の静物画をモチーフにしており、モノクロームで統一されています。19デザイナーの作品が一堂に会した豪華な展示となっています。
会場ではキュレーターのひとりであるデザイナーのMargo Koningsがひとつひとつの作品を簡単に解説してくれました。Margoは今回キュレーターを務めていますが、彼女自身もアーティストとして展示に参加しています。彼女はJ’aime la folie というレーベルでユニークなジュエリーを発表しています。NWCoTでは、ロブスターの爪をモチーフにしたジュエリーを展示しています。
会場にはNWCoTのもうひとりのキュレーター、Marrten Baptistも来場していました。彼はWATdesignのデザイナーで今回はLouiseという三脚型のベースを持つグラスを展示しています。彼は今回2回目の来日ということでしたが、東京に大変興味を持っているようです。
オープニングには参加デザイナーも来場していました。そのひとりのKiki van Eijkは、何回か当ブログでも取り上げており、先日はインタビューにも答えてもらっています。NWCoTではQuilt Chairという作品を展示しています。彼女は来年のミラノにも参加することが決まっているようです。彼女から新作のデータをもらったので後日紹介できればと思います。

Margo and Maarten, Thank you guys for a guide tour!
That is one of the most gorgeous installations ever for sure.

No Windmills, Cheese or Tulips
会期: 10/31〜11/4 11:00-19:00
会場: ESPACE 218/L'ECLAIREUR

以前の関連記事はこちらになります。

No Windmills, Cheese or Tulips
Interview 06 : Kiki van Eijk


posted by DL at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | tokyo desiners week
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。