Nov 08, 2007

Akasaka Zero Exhibition




Ryuji Nakamura Hechima 3


Apart≡Apart Disco


Yuji Morimoto Meji

東京デザイナーズウィークのエクステンションイベントとして赤坂アークヒルズで開催されたのがゼロ展です。前身として同会場では例年、プロ作品展が開催されていたのですが、2007年からゼロ展として新しく生まれ変わりました。
ゼロ展では新たに年齢制限を設け、40歳以下の若手デザイナーが作品を発表する場となっています。今回は59組のデザイナーが展示を行いました。会場は屋外ということもあって開放的で、展示スペースもゆったりとしたものでした。
展示は10/31〜11/4までの5日間の会期で行われました。デザイナーズウィーク最終日に神宮外苑で行われた Tokyo Design Premio 授賞式で、ゼロ展の部では5作品がアワードを受賞しています。
画像の3作品は受賞作。そのほか景山知史 氏の土に還る椅子、柴田映司 氏のマングローブチェアが受賞を果たしています。

ヘチマ3は、紙で出来ています。網状の紙を接合しできたパターンがヘチマの繊維のような中空構造を生んでいます。フロアに浮き出る影も美しいです。
大きなプレートのように見えるのは、アパート≡アパートのディスコです。ディスコは二人掛けの家具なのですが、微妙なサイズになっており、二人で座るためには互いに気を使わなくてはなりません。人とのコミュニケーションに焦点をあてた家具です。
メジイスは、タイルの目地がそのまま盛り上がりイスになったものです。ユニークな発想で素晴らしい着目です。

Tokyo Design Premio Winner:
森本裕持 メジイス
アパート≡アパート ディスコ
景山知史 土に還る椅子
柴田映司 マングローブチェア
中村竜治 ヘチマ3


posted by DL at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | tokyo desiners week
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。