Nov 08, 2007

Akasaka Zero Exhibition: vol.2


Naoki Hirakoso Slitta


Rie Takenaka Bean


Chris Gurney Tatami Flight Chair


Takumi Ichihara Rainbow Bookshelf

引き続き、赤坂アークヒルズ/カラヤン広場で開催されたゼロ展の様子。ここに取り上げたもの以外にも、興味深い作品がたくさんありました。
今回からゼロ展と名前を変えた展示会ですが、若手デザイナーにこの展示を出発点として欲しいという思いに由来しているそうです。どの作品も大変クオリティが高く、参加デザイナーの今後の活躍に期待が持てます。
まだまだ規模の大きくないゼロ展ですが、若手デザイナーの良き作品発表の場として今後も長く続いてゆけばと思います。

木のぬくもりを感じるラウンジチェアは、平社直樹 氏によるSlitta。シンプルでクリアなフォルムです。
武中理恵 氏によるBeanも木目を活かした作品です。いろいろな座り方を提案するチェア。年輪のように幾層にも木をあわせて作られています。
クリス ガーニー 氏によるタタミ・フライト・チェアは座面が藺草畳になっています。背板には江戸小紋があしらわれています。江戸の伝統技術を駆使した作品です。
子ども部屋に虹がかかる様子をイメージしたという本棚は、市原巧 氏によるにじのほんだな。子どもが楽しみなら整理整頓を学ぶことができそうです。


posted by DL at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | tokyo desiners week
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。