Feb 27, 2008

Stockholm Furniture Fair 2008 : vol.2



Greenhouse
photo by Gustav Karlsson-Frost 


photo by Magnus skoglof 

Stockholm Furniture Fair 2008 の新しいリポートが先日出ましたので、フェアの結果や会場の様子をもう少しお伝えします。

今年のStockholm Furniture FairとNorthern Light Fairには、2/6〜2/10までの5日間の会期中に、併せて約39,000人が訪れました。そのうちのおよそ5,500人がスウェーデン以外の国からの来場でした。2つのフェアへの来場者は、昨年に比べると若干ではありますが、減少しています。その一方でデンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国からの出展や来場は増加の傾向にあります。特にデンマークからの来場者の伸びが顕著で、昨年よりも12.5%多い約850人が会場を訪れました。
Stockholm Furniture Fairは、北欧デザインのトレンドやマーケットの動向を垣間見るための見本市というポジションを、着実に固めつつあります。

見本市の会場には、各メーカーのブースはもちろんのこと、照明メーカーが展示を行う Northern Light Fair や若手デザイナーやデザイン学校の生徒たちの作品発表の場であるGreenhouse など、見所となる展示が多数あります。
特にGreenhouseは毎年来場者の注目を集めている展示で、今年は2007年に引き続きストックホルムの建築デザイン事務所のTAFが会場デザインを行いました。今年のGreenhouse会場のテーマは、villageということで、各ブースは村落をイメージしたテントのようなデザインとなっています。一段高い場所から会場を見渡すと、ブースの集合体があたかもひとつのvillageのように見えます。
Greenhouseは、若手デザイナーの展示の場といえど、そのクオリティは非常に高く、この展示を出発点とするデザイナーは数多くいます。現在高い評価を得ている、NorwaySaysやFrontなどもかつてこのGreenhouseで展示を行いました。
Greenhouseへの展示作品は、製品化されていないものに限られ、参加するデザイナーは、審査員の選考によって決められています。審査委員会は、デザインジャーナリストやプロデザイナーなど数名で構成されており、今年はClaessonKoivisto RuneのOla Runeも審査に参加しました。

以前の関連記事はこちらになります。
Stockholm Furniture Fair 2008


posted by DL at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。