Mar 24, 2008

the Honours Award for Design Excellence 2008


MERC by North Legion
photo by Arash Taheri



SeaAir Offshore Suit by Helly Hansen
photo by Helge Eek


Armadillo by Rofi industrier AS
photo by Rofi Industrie
r

ノルウェーのデザイン協会 Norwegian Design Council は、毎年いくつかのデザインアワードを主催しています。そのうちのひとつ、the Honours Award for Design Excellence2008のノミネート3作品が発表されています。

MERCは、ノルウェーのNorth Legionというメーカーと、オスロのAbry DesignによるSMX(Snow Moto Cross)です。SMXは、BMXやマウンテンバイクのダウンヒルなどエクストリームスポーツと呼ばれる競技の醍醐味を、雪上で楽しむべく開発されました。3つのボードを取り付けたSMXは、カービングスキーの原理を応用しています。フレームの構造はダウンヒルのスキーヤーの動きを再現し、サスペンションは雪面のショックをやわらげます。今のところSMXを製造するのは、NorthLeigionだけです。新しい技術によって、North Leigionは雪上での楽しみをひとつ増やしました。
SeaAirは、Helly Hansenと研究団体のSINTEF Helseによって開発された救命衣です。SeaAirは、その名の通りヘリコプターなどの空と海上との両方で使用することができるライフスーツです。このスーツの画期的な点は、材質に温度を調節する生地を使用していることです。体温が上昇した場合には熱を吸収し、低下した場合には熱を供給します。冷たい海上でも体温の低下を最小限にとどめます。またスーツを着用すると、浮力で海面に浮かぶので溺れることがありません。
Armadilloは、テントや防護服を製造するメーカーRofiとオスロの Kode Design による地雷除去作業のための防護服です。地雷除去に伴う作業には、当然体を保護するプロテクターが必要ですが、Armadilloでは、従来のプロテクターよりも格段と機動性や通気性、重量などが改善されています。特にマスクは数年前のものに比べ、格段と性能を上げています。これまでのものは、太陽の熱がマスク内にこもってしまい息苦しく、マスク内の温度が気温よりも高くなってしまいました。そのため、作業員が作業中にマスクのバイザーを頻繁に上げてしまいます。これは、非常に危険で大きな問題点でした。Armadilloではマスクの通気性を改善し、この問題に対処しています。

ノミネートされた3作品はいずれも華やかなものではありません。しかしながら、デザインは新しいスポーツをクリエイトし、人命救助や平和活動に貢献する、そういったデザインの大切な一面をもう一度考えさせてくれます。本来デザインとは、外見のフォルムだけを指すものではなく、生活や社会をより良くするためのツールであるという、本質を捉えたデザインアワードです。

以前の関連記事はこちらです。
Norwegian Design Council


posted by DL at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | competition and awards
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。