Apr 11, 2008

Interview 08 : Bertjan Pot



Scroll down for English text.

オランダのデザイン界を牽引する若手デザイナーひとり、Bertjan Pot
今回は彼にインスピレーションや作品にまつわる話、ダッチデザインや日本のデザインシーンの印象など、大変興味深い話を聞くことができました。


DL(以下D): デザイナーになったきっかけは何かありますか?
Bertjan(以下B): 運命だね。

D: 最も敬愛するデザイナーは誰ですか?また、どの様な影響を受けましたか?
B: イームズ、それからカスティリオーニかな。今までに誰も考えつかなかったような素晴らしいアイデアが浮かんだと思ったら、実は50年も前にイームズがすでにやっていた、なんてことが今でも時々あるよ。カスティリオーニは、超機能主義は退屈でもありきたりでもない、という事実の証人だよね。

D: あたらしい物をつくるときにインスピレーションを受けるものはありますか?
B: インスピレーションという単語は本当に好きじゃないな。イスに座って「次は何をすべきかな」なんて考えているような響きがなんとなくあるから。ところが何かが起こるのは予想もしていないときだよ。頭の中の閃きみたいなもので、それって無理やり絞り出すんじゃなくて思いもよらないものが引き金になるんだ。つまりインスピレーションなんてどこにでもある。それが起こるに任せて、受け入れられるようオープンでいるだけでいいんだよ。

D: プロジェクトの最初の段階で、まず素材に取り掛かると聞きましたが、どのようにして作品に使用する素材を選ぶのですか?
B: 直感というのがキーワードだと思う。僕は自分のウェブサイトにのせているどんな作品に対しても、かなりの実験をしているんだ。スタジオの棚には少なくとも3つは手をつけていない(未完とも言える)プロジェクトがある。失敗してはまた試し、の繰り返しだよ。だけど、何がうまくいって何がうまくいかないかを考える頭のトレーニングから多くの経験が得られる。そうやって得たものを直感と呼ぶこともできるね。

D: The Random Light を完成させるまでに3年近くかかったと聞きましたが、どの点に一番苦労したのですか?
B: もともと The Random Light は僕がハンドメイドで作っていたものなんだ。自分では本当に上手く作れるのだけど、それが他人にとっては難しいことだとは思わなかった。その後、製品化することになると、機械を使って"ランダム"の要素を再現するのは本当に大変だったよ。だけどそれを完成させたのは僕自身じゃなくて、今それを作っている工場のとても頭の良い人なんだ。

D: 近年、世界中からダッチデザインが注目されています。では、反対にダッチデザイナーのあなたは何に注目しているのですか?
B: グッドアートかな。

D: ダッチデザインシーンの優れている点は何だと思いますか?また、強いて挙げるとすれば、何が不足していると思いますか?
B: 僕達オランダ人はカルバン派の小さな国に住んでいて、生まれながらにある種の冷笑的で実用主義的なものを持っているんじゃないかと思う。それが、人々がダッチデザインと呼ぶものにつながっている。それっていうのは僕にとっては、ドラマチック過ぎずに、クリーンでポイントに対して真っ直ぐクリアなデザインを意味しているんだけどね。そもそも作品を作るきっかけとなった問題を解決もしないで、何かを訴えようとしてるような過剰にコンセプチュアルなデザインアイデアにはうんざりだね。それから、私腹を肥やすためだけに、デザイン史上になんら貢献もしないような"限定品"を作る人達がいる。これはオランダだけの問題かどうかわからないのだけど。

D: 日本のデザインシーンについてはどう思いますか?ヨーロッパ諸国のデザインシーンと何か明確な違いがあると思いますか?
B: 今までに見たことのある日本人デザイナーの作品は、(ごめん、深澤直人が最初で最後のひとり。生涯のうちに他の日本人デザイナーも見たほうが良いと断言するよ。)ファニーでスペシャル、本当に素晴らしいと思う。日本文化におけるオブジェクトは、西洋世界と同様、人や個性を非常に重んじているよね。そういった要素をうまく作品に活かすことができれば、本当に良い作品ができると思うよ。

D: 一緒に仕事をしてみたいと思う日本人デザイナーやメーカーはありますか?
B: イサム・ノグチのあかりシリーズを手がけているメーカーと仕事をしてみたいな。

D: どのデザイナーの方にも必ず最後にお願いしているのですが、デザインを学びデザイナーを目指す日本の若者へ何かアドバイスをお願いします。
B: 楽しいことをして、やるべき時には一生懸命やること。有名デザイナーになることをゴールにしちゃだめだよ。出来る限り良いものを作ろうと努力していれば、自ずと注目されてゆくから。

Dank u wel, Bertjan!
Your advice to young generation is just awesome.


D: What brought you to be a designer?
B: Destiny.

D: Who is the designer you respect the most? And in which way has she/he influenced you?
B: One day it is Eames, The other it's Castiglioni. I still sometimes think I have a brilliant Idea that nobody thought of before and then it turns out Eames did it 50 years ago..Castiglioni is proof of the fact that superfunctionality doesn't have to be dull..or predictable.

D: What inspires or leads you to new creation?
B: I don't really like the word inspiration,..because it somehow sounds like sitting down and thinking "what shall we do next". Whereas in fact it is something that happens when you don't expect it..it is like a spark in your brain that can't be forced but is triggered unsuspecttedly..in that way inspiration is everywhere..you just need to be open for it and allow it to happen.

D: You say that you often start with materials at the first level. How do you choose materials to use for works?
B: Intuition is the keyword I think. I do a lot of experiments and for every thing you see on the website there are at least 3 projects on a shelf in my studio that never made it (or haven't made it yet). So it is trial and error but I do get more experience in training my brain to think what will work and what won't. You could call that intuition.

D: I've heard that it took you like three years to develop The Random Light. What was the most difficult part of it?
B: I used to meke them by hand myself and I was quite good at it not knowing it was hard for other people to do the same as I ..and later on when sales really took of it was very hard for a machine to copy the "random" factor..but this I did not develop myself but a very clever guy at the factory that now makes them.

D: The whole world pays attention to Dutch design in recent years, then what do you pay attention to?
B: Good art.

D: What would you say the strong point of current Dutch design scene is? And if insisted, what is the lack in it on the other hand?
B: I think that because we're from a small Calvinistic country we have a sort of natural cynicism and pragmatism that leads to what some people call Dutch design..to me that would mean clean clear straight to the point designs without too much drama. I do get tired of all the overconceptual design ideas that try to explain something without solving the problem for which the product was initially created. I also think that there are people making "limited editions" of product that really don't contribute to the design history, only to fat wallets. But I don't know if that is a Dutch problem.

D: What do you think of Japanese design scene? Do you think there's some of specific differences from the ones in european countries?
B: What I have seen from Japanese designers so far (and sorry it sort of starts and ends with Naoto Fukasawa, I promise I will better my life and look at other Japaneese designers) I really think it is nice, funny, special that objects in Japanese culture are so much more considered a person or a character as in the rest of the western world, If done correctly it really adds to a product.

D: Is there any Japanese designer or manufacuturer who you like to work in collaboration with?
B: I would love to work with the factory that makes all the akari lights for Isamu Noguchi.

D: This is the last one that I always ask to every designers. Is there any advice or tip to young Japanese who are studying design and aim to be a designer?
B: Have fun and work hard at the right times. Don't make it your goal to be a known designer..just try to be as good as you can..and you will be noticed.
posted by DL at 13:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | interview
この記事へのコメント
水着 競泳 クリスティアンルブタン http://www.clendingjp.biz/
Posted by クリスティアンルブタン at 2013年07月27日 15:29
通販 ファッション gucci 店 http://www.guccielderjp.biz/
Posted by gucci 店 at 2013年07月27日 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。