May 15, 2008

I Saloni 2008 : SaloneSatellite









photos : Carola Merello

4/16〜4/21までの会期で開催されたミラノサローネですが、今年もSaloneSatellite(サローネサテリテ)に多くの注目が集まりました。

サテリテは、ミラノ国際家具見本市とともに毎年開催される、デザインを学ぶ学生や若手のデザイナーを対象とした展示会です。サテリテを通過点としてきた実力派デザイナーも数多く、次世代の才能にいち早く触れようという人々が多く集まります。そのため業界関係者、デザイナーの双方にとって非常に重要で人気のある展示会といえます。
今回で11回目の開催となる今年のサテリテには、570人のデザイナーと22のデザイン学校から200人以上の学生がそれぞれの作品を展示しました。今年は日本からの出展も多かったようで、全135スタンドの十数%を占めていたということです。サテリテの出展者は、デザインに造詣が深いデザイナーやジャーナリストらからなる委員会によって選定されます。登竜門としてのクオリティを保つべく委員会は慎重に出展者を選抜してるといい、実際に今年は昨年よりもスタンド数を減らしているようです。
毎年サテリテでは、テーマを設けているのですが、2008年のテーマは Viva il Verde! Go Green! というもので、エコロジカルとサステナビリティに主眼が置かれました。

会場での作品の展示に加えてサテリテアリーナでは、ゲストスピーカーによる講演会が開催されました。講師にはAntonio CitterioやMario Belliniをはじめとする建築家やデザイナーが招かれ、毎日異なるゲストが会場でレクチャーを行いました。

以前の関連記事はこちらです。
I Saloni 2008


posted by DL at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。