Sep 25, 2008

Marina Bautier : New Work


Fold





ベルギー、ブリュッセルの Marina Bautier の新作は、折りたたみ式のラウンジチェアです。

折りたたむと、ずいぶんと小さくなりますが、座面はある程度の大きさが確保されているので、座り心地は快適です。フォールディングすることで、簡単に持ち運びができるので、室内はもちろん、室外でも使用することが出来ます。
控えめでありながら人間味に溢れるアプローチを得意とするMarina Bautierならではの、材質のオーク材の温かみを活かした有機的で優しいスタイルの作品です。

今回の新作は、ロンドンの100% Design London で発表されたものですが、会場には、IDEEから2008年の2月にリリースされたデスクやチェア、ランプなどが同時に展示されました。

以前の関連記事はこちらです。
Marina Bautier
posted by DL at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Sep 24, 2008

Zanotta : Sacco celebrates 40 years


E La Nave Va


Il Gattopardo


Luna Rossa


Africa Express

1968年に、デザイナーのPiero Gatti、Cesare Paolini、Franco Teodoroの3人によってデザインされたSaccoが、今年で40周年を迎えます。

Saccoが生まれた背景には、当時インテリアデザインに盛んに取り入れられていたエルゴノミクスとフレキシブルという流行があります。快適で自由度の高い使用感を求めて、ウォーターマットレスが開発され、1967年にはDe Pas, D'Urbino, LomazziがPVCを空気で膨らませたチェア、BlowをZanottaから発表しました。
Gatti, Paolini, Teodoro の3人も、また、フレキシブルな素材を試行錯誤していました。昔の農民が使用していたクリの木の葉を詰物にしたマットレスから着想を得て、ビー玉のような小玉やピンポン玉を詰物に使用してみたりしましたが、どれも上手くいきませんでした。
その後、建築用のポリスチレンに目をつけ、それを小さくカットしたものを詰物に、透明のビニール素材の生地を張ったプロトタイプをいくつか製作しました。しかし、3人が話し合いで出した結論から、プロジェクトはそれ以上進行することなく、プロトタイプはオフィスに置かれたままになりました。
その数ヵ月後にふとしたきっかけからある雑誌に掲載された、そのプロトタイプの写真を見たアメリカのデパート Macy's が彼らにコンタクトし、1万個のオーダーを出したことからプロジェクトは進展をみせます。Gattiは、以前展示会で出会い、話をしたAulelio Zanottaに相談を持ちかけました。プロトタイプを見て生産を快諾したZanottaは、その後のパリの家具見本市で作品を発表しました。

このような経緯で生まれたSaccoは、それから40年間、Zanottaやイタリア家具を代表する作品として世界中の人々から愛され続けています。
これを記念して、スイスのJakob Schlaepferによるテキスタイルを使用した40のリミテッドエディションのSaccoが製作され、今年のミラノで公開されました。これらの作品は、10/17から26にベルギーのKortrjikで開催されるInterieur 08 の会場でも公開される予定です。
posted by DL at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Sep 22, 2008

timothy ben furniture : New Work


Slice




Cube

ウェールズのCardiffで活動するデザイナーの Tim Forrester から新作の情報が送られてきました。

Sliceは、アートとデザイン、造形物との境界線を探る試みとして製作されました。その全ての要素をミックスし、機能的なオブジェクトとして完成させたものがSliceです。大きな立方体のブロックが、まるで宙に浮いているかのようなSliceは、コーヒーテーブルという機能を持ちながら、アートピースとしての美しさも兼ね備えています。天板に入った大きなスリットは、雑誌や本などを収納するマガジンラックとして使用することができます。

CubeはL字型に連なった3つの正方形の収納スペースからなるラックです。シンプルな形状故に、組み合わせによって無数のバリエーションが可能になります。ある程度の高さまでスタッキングすることができるので、大きな収納ユニットを組んだり、部屋の四隅を有効に利用するための小さなラックとして使用したりと、自由度の高いレイアウトが可能です。
Cubeは、ウェールズのデザインイベント、Cardiff Design Festivalのデザインアワードにノミネートされています。


以前の関連記事はこちらです。
timothy ben furniture
posted by DL at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Sep 11, 2008

Benjamin Hubert : New Works


Diamond Chair


Lily Pad Table


Heavy Lights


Yumbrella Bowl

all images (c) Benjamin Hubert


イギリス中部のWarwickshireを拠点とする若手デザイナーの Benjamin Hubert 。今月開催される100% Design London に出品されるという、彼の新作情報が届きました。

今回発表される新作は、Material Centric というコレクションで、素材と製作過程への探究心を出発点としたインテリアプロダクトです。
Diamond Chairは、クッションや木材に焦点をあてたイスです。張り地にはチェスターフィールドを思わせるボタン留めが施され、シートフレームには木目の美しい突き板が使われています。イギリスの伝統的なボタン留めとカラフルな張り地の組み合わせが新鮮です。
Lily Pad Tableは、Diamond Chairと同じ形状の脚を持つテーブルのシリーズで、天板には無垢材が使用されています。Lily Pad Tableは、素材の持つ視覚的な効果に焦点があてられています。
Heavy Lightsは、その名の通り、重量感のある5mm厚のコンクリートをシェードに使用したペンダントランプです。コンクリート特有の質感が、他にはない個性をランプに与えています。Heavy Lightsは、ロンドンで開催されるDecode Londonのインスタレーションのためにデザインされました。一般向けに改良されたものが、年内に同社より製品としてリリースされる予定です。
Yumbrella Bowlは、傘を逆さまにしたようなフルーツボウルです。傘の持ち手にあたる部分はバナナハンガーとして使用することができます。ユニークなアイデアとデザインながら、機能性もしっかりと考慮されています。材質はセラミックになります。

このほか、100% Design London では、吹きガラスを用いた照明や、スチールプレートを折り曲げたマガジンラックなど、6つの新作が展示される予定です。


以前の関連記事はこちらです。
Benjamin Hubert
posted by DL at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Sep 05, 2008

Skate Study House


God Father Lounge Chair


Stax Chair


Astro Clock


Tokyo Lounge Table

カリフォルニアのNewport Beachにショールームを構える Skate Study House は、スケートボードを使用してミッドセンチュリーの名作を再現したユニークな家具を製作しています。

Skate Study House は、etniesやEmericaを傘下に持つSole Technology社のCEO、Pierre Andre SenizerguesとスケートボーダーでデザイナーのGil Le Bon de Lapointeの2人のアイデアによって生まれました。
ブランドのコンセプトは明確で、スケートボードなどのアクションスポーツとライフスタイルをミックスし、スケートボーダーの視点から名作家具を再構築しようというものです。

その名のとおり、Skate Study Houseは、戦後のアメリカで実験的に行われた、Case Study House プロジェクトに強い影響を受けています。Case Study Houseは、1940年代から60年代まで続いたプロジェクトで、Charles and Ray EamesやRichard Neutraなどの建築家がロサンゼルス近郊に近代住宅のモデルハウスを建築し、戦後の新しいライフスタイルを提案するというものでした。
Skate Study Houseは、このプロジェクトに使用された家具から受けたインスピレーションを色濃く反映し、コレクションのほとんどが戦後のマスターピースの意匠を模したものとなっています。しかし、スケートボードのデッキ(板)やウィール(タイヤ)などの部品を使用した家具の完成度は非常に高く、そのデザインとアイデアはアクションスポーツに関わる人達ならではのユニークな発想に溢れています。
posted by DL at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。