Jul 31, 2009

Normal Studio


Surface testle, bench
(c)Morgane Le Gall



Diamant
(c)Morgane Le Gall



Patch
(c)Normal Studio



Containers Greyscale

フランスのパリ近郊、Montreuil で活動する Normal Studio は、デザイナーのJean-Francois Dingjian と Eloi Chafai の2人が2006年に設立したデザインスタジオです。
Jean-Francois DingjianはSaint-EtienneのEcole des Beaux-Artsで、Eloi ChafaiはパリのENSCIでデザインを学びました。それぞれアワードの受賞歴も多く、Eloi Chafaiは、2006年の第一回 Design PARADE 01 でGrand Prixを受賞しています。
スタジオは家具などのプロダクトだけではなく、展示や店舗などのディスプレイ、空間デザインも手がけています。

Surface、Diamantはともにフランスのスチール家具メーカーTOLIXから発表された2009年の新コレクションです。Surfaceはカラフルなスチールを使用したシリーズで、照明やベンチ、天板と組み合わせる架台などのバリエーションがあります。
Diamantは、サイドボードやキャビネットなど収納システムのシリーズですが、各モジュールを組み合わせて使用することもできます。キャビネットの扉やシェルフの側面には、ダイヤモンドのファセットをモチーフとした幾何学的なレリーフがつけられており、フラットなスチール家具に立体的な表情を加えています。
PatchはLigne Rosetからの新作となるサイドテーブルです。1本足のテーブル3台が重なるようにしてひとつのテーブルを構成しています。それぞれは非常に不安定に見えますが、3台を連結することでしっかり安定したテーブルとして機能し、独特の構造が軽やかな浮遊感が生み出しています。
Containers Greyscaleは、2007年にTools Galerieで発表されたシェルビングシリーズです。ブラックやチャコールグレーに染色したオーク材を非常にシンプルな箱型に組み立て、そこに棚板や仕切り板、引き出しなどのユニットを加え、シェルフやサイドボードにしています。ミニマルなカラーとフォルムで構成されたコレクションは、シンプリシティーの有用性や力強さを体現しています。
posted by DL at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Jul 30, 2009

smarin & Kvadrat : nenuphares


nenuphares








フランスのデザインスタジオ smarin とオランダのテキスタイルメーカーのKvadrat によるコラボレーション作品 nenuphares が、2009年6月にパリで開催されたデザインイベントDesigner's Days期間中に発表されました。

nenupharesはカラフルな球状のクッションシリーズで、張地にはKvadratのテキスタイルを使用しています。2種類のシート "ne" と "nu" には、ソファやベッドマットレスの芯材にも使用されているBultexのフォームを詰め、高い快適性を実現しています。また、小振りなクッションの"pha" と "re" の詰物にはポリシリコンファイバーが用いられています。
張地はKvadratのDivinaシリーズにある50色以上のバリエーションから選ぶことができ、自由にカラーコーディネートが楽しめます。
一番サイズの大きなneは、直径が130cm程度でフロアクッションとして十分な大きさがあります。またひとまわり小さなnuを重ねることで、一人掛のソファのように使用することも可能です。


以前の関連記事はこちらです。
smarin
posted by DL at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Jul 24, 2009

Nienkamper


Pyramid Chair


Isola 8


Kloud



カナダのトロントを本拠地とする Nienkamper は、オフィスや商業施設などコントラクト向けの家具を製造するメーカーです。
創業は1968年に遡りますが、創立当初は家具の輸入からスタートし、60-70年代にはヨーロッパのデザイン家具のライセンス生産などを行っていました。その後、会社が成長するにつれてアメリカやカナダのデザイナーの作品をラインナップするようになり、現在では多彩なコントラクト家具を製造するメーカーとしての認識を確立しています。
特に北米市場での評価は高く、トロントで開催されるカナダ最大規模のインテリアトレードフェアIIDEX/NeoConでは、アワードの常連となっています。

Pyramid Chair とIsola 8は、シカゴでのNeoCon09で発表されたNeinkamperの新作で、どちらもKarim Rashidによるデザインです。
Karim Rashidは、これまでにもNeinkamperからKloudやBlobといったいくつかのラウンジセットをリリースしてきましたが、今回の新作は、より革新的なフォルムと彼らしいカラーやテキスタイルパターンを組み合わせた意欲作です。
Pyramid Chairは、その名の通りエジプトのピラミッドを逆さまにしたようなデザインで、そのフォルムは彼自身の出自や考え方を反映したものでもあります。彼は、自身の民族的な多様性を、多文化が上下構わずごちゃまぜにミックスされていると解説し、現代のナショナリズムや軍国主義は転換期にきているといいます。上下をひっくり返したピラミッドは、まさにそれらの考えを体現したものです。何よりもそのフォルムはラウンジチェアに非常に適しているとも彼は説明しています。
Isola 8もPyramidと同様のカラーリングとテキスタイルを使用しています。isolaは、英語のislandにあたる語で島を意味し、小島のようなフォルムは、世の中の喧騒から離れたオアシスというコンセプトからきています。8は8人が腰をかけられるということを表していますが、同時に、上から見ると8の字のようになったIsolaのフォルムを表すものであり、それは無限(∞)の象徴でもあります。
 
posted by DL at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Jul 22, 2009

Dima Loginoff : new concepts


Wild etiquette lamp, lounge


Wild etiquette lounge with sunny cap


Anormaly Bench


Fedora lamp

モスクワで活動する若手デザイナーのDima Loginoff から、多数のデザインアイデアが届きました。
そのほとんどが製品化というところまでは至っていないコンセプトですが、Dima Loginoffはロシアのデザインシーンの新時代を予感させる新しいデザインを積極的に提案しています。

Wild etiquetteは、クラシカルなtoile de jouy (トワル ド ジュイ)プリントをあしらったテキスタイルを用いたコレクションです。ラウンジチェアの大きなカーブを描くフォルムは、女性のもつ曲線にインスピレーションを得ており、クラシカルなジュイプリントと近代的なラインとの組み合わせに焦点があてられています。取り外し可能な大きなひさしは、シート部分とほぼ対称のデザインになっています。
Anomaly Benchも、大きな曲線が特徴のラウンジチェアですが、こちらは材質がスチールとなっています。真ん中のフレームを中心にシンメトリーのデザインとなっており、イスを横一列に並べてゆくと、リズミカルな一定のパターンが生まれます。
Fedoraは、ロシアの伝統的なマトリョーシカをモチーフにしたテーブルランプシリーズです。光源はLED、ガラスのケースには複雑なパターンや幾何学模様を施しおり、ナイトライトととして使用することができます。


以前の関連記事はこちらです。
Dima Loginoff
posted by DL at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Jul 21, 2009

Smarin : Mangier


Mangier







南仏ニースのSmarinによる Mangier は、木をモチーフとしたスナックサーバーのコレクションです。
木の枝を模したビーチ材のMangierに楊枝をさしこみ、その先端にフルーツやスナックなどを取り付けると、実のなった木のように華やかで個性的なスナックサーバーとなります。
Mangierは、古来より人々は木から果実や木の実などの食物を収穫してきたという事実を再認識させ、その行動をミニチュアとして現代に再現します。Mangierの周りに人々が集い食物を手に取る光景は、昔も今も変わらない非常にシンプルで根源的な人間の行動を連想させます。

Mangierは、2008年にSmarinのデザイナー Stephanie Marin が、シェフのMauro Colagreco とのコラボレーションで製作し、ニースのVilla Arsonで開催されたLiving Partyというカクテルパーティーで発表したものが基になっています。
サイズは3種類用意されていて、それぞれ20個、50個、100個と取り付けられるスナックの数は大きさに比例して多くなり、一番サイズの大きなMangier Bao は、高さが117cmにも及びます。テーブルサイズのMangier Albertは、高さが20cmでホームパーティーなどでも活躍します。

以前の関連記事はこちらです。
smarin
posted by DL at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。