Jun 10, 2008

Concepta


Ibiza


Sheet


Edgar Soft


Trebol

スペイン、バルセロナの Concepta は1970年に木工家具の生産を開始しましたが、すぐにイスを専門に扱う家具メーカーとなりました。1980年代からは建築家やデザイナーとコラボレーションを行い、デザインを重視した製品をプロデュースしています。
1989年にOscar TusquetsデザインしたスタッキングチェアのGaulinoは、バルセロナやパリなど各地のミュージアムに収蔵され、Vitra Museumのコレクションにも選ばれています。また、Conceptaは、若手のデザイナーの育成にも力をいれており、彼らを製品のデザイナーとして積極的に起用しています。
近年ではイスに加えてソファやテーブルなどを手がけ、コントラクトだけでは無く家庭用の家具も扱う家具メーカーとしてコレクションの幅を拡げています。

Ibizaは、イタリアとスペインで活動するデザインスタジオLagranjaによるデザインです。一連のシリーズとしてスツールやベンチがラインナップしています。素材にはビーチ材を用いており、座面と背もたれにはMDFを組み合わせています。
Sheetは2008年の新作となるイスで、デザインはバルセロナのデザインデュオ、Ramos-Bassolsです。Ramos-Bassolsは、Gemma Bernal & AssociatesのDavid Ramos Tarres と Jordi Bassols Borrell の2人が2004年設立したデザインスタジオです。Sheetのシェルには、厚さ6mmの合板を3D成型したものが使用されおり、滑らかな曲線を実現しています。
Edgar Softは、バルセロナで活動するデザイナーの Manel Ybarguengoitia によるソファです。Edgar Softは、横幅が290cmと大型なので、おとな3人がゆったりとくつろぐことが出来ます。
Trebolは、Diego FortunatoのデザインしたBotanicaというテーブルコレクションのひとつです。Botnicaは、名前の通り植物の葉をモチーフとしたテーブルシリーズで、TrebolのほかにHojaというコーヒーテーブルがあります。

以前の関連記事はこちらです。
Lagranja
posted by DL at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | furniture

Jun 06, 2008

Mario Ruiz


Flat


Fuori


Nova


Dis

スペインのバルセロナを拠点とするインダストリアルデザイナーのMario Ruiz
彼はバルセロナのthe Elisava School of Designでインダストリアルデザインを学び、1995年から自身のデザインスタジオを構えています。当初は技術的な分野やオフィスファニチャーを主として手がけていましたが、近年は家庭用の家具やライティング、インテリアデザインや建築まで活動のフィールドを広げています。
Mario Ruizは、数多くのクライアントとともに仕事をしていますが、そのうちのいくつかのメーカーでは、製品のデザインを担当するだけではなく、製品コレクションやショールーム、展示会場のブースデザインなどトータルでブランディングやディレクションを行っています。
様々な分野で作品を発表してきたMario Ruizですが、得意とするオフィスファニチャーや家電のデザインでは、red dot やIF Design Awardをはじめとする多くのデザインアワードを受賞しており、その実力は高い評価を得ています。

Flatは、バレンシアのアウトドアファニチャーメーカー Gandia Blascoとのプロジェクトです。カラフルなテラスベッドは、ブランドイメージとユーザビリティに考慮しデザインされています。フレームにはアルミを用いています。FlatはWallpaper Design Award 2008の入賞作品です。
Fuoriは、Viccarbeから発表された2008年の新作です。スチールフレームにマウントされたベンチの座面は、ウイングのように両端に長く伸びています。この特徴的な座面は、人がベンチに腰掛けたときにサイドテーブルとして機能します。Fuoriは、red dot Design Award 2008 を受賞しました。
Novaは、マドリッドのオフィスチェアメーカーのDynamobelとのプロジェクトです。シリーズにアームチェアやスウィベルチェア、カウチなどがありますが、どれも直線的でクリアなフォルムが特徴です。低めの背もたれは、全体のボリューム感を押さえ、安定したバランスと軽量化に寄与しています。
Disもまた、Dynamobelからリリースされているワークチェアです。非常に軽いパネルとメッシュ素材を使用しており、デザインと機能はエルゴノミクスに基づいています。Disは、red dot やIF DESIGN AWARDなど多数の国際的なアワードを受賞しました。
posted by DL at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | furniture

Jun 04, 2008

Alexander Lervik


The Icon Chair


The TV Chair


Brighthandle


Lighttree

photos by Helene PE


スウェーデンのストックホルムで活動するデザイナーの Alexander Lervik

彼のデザイン業界との関わりは、家具職人として2年間の経験を積んだことから始まります。その後、Beckmans School of Designに入学し、インテリアデザインとプロダクトデザインを3年間学びました。Beckmansでの卒業制作は、Ten
Stools-Ten Decadesというプロジェクトで、1900年代から1990年代までのそれぞれの年代を10のスツールで表現する、というものでした。このプロジェクトは6年もの間、ストックホルムをはじめ、ロンドンやパリ、東京など世界各地で公開され多くのメディアに取り上げられました。
学業を終えた後もAlexander Lervikは、多数の展示会へ参加し、スウェーデンを主とする各国のメーカーをクライアントに作品を発表しています。


The Icon Chair、The TV Chairは共に2005年に開催されたFive Playful Chairsという展示会のために製作されたものです。展示はストックホルムの小さなギャラリーで行われましたが、Alexander
Lervikのデザインした5つのユニークなイスは非常に高い注目を集めました。

アクリル製のThe Icon Chairには、Vitraによる16のイスのミニチュアが封じ込められています。名作といわれるイスを集めて、ひとつの新しいイスを作ろうというアイデアからThe
Icon Chairは製作されました。
The TV Chairは、座面と背もたれが液晶ディスプレイになっています。最新テクノロジーの限りない可能性、近い将来に起こりうるテレビと家具との融合とを探求した意欲的な作品です。
この他にもFive Playful Chairsでは、光ファイバを使用した屋外ブランコなど、5つの独創的なイスが展示されました。

Brighthandleは、室内の状態をインジケーターとして表示する発光式のドアノブです。室内使用時に内側からドアロックかけると、ドアノブが赤色に発光します。更に視認性を高めるために、ドアがアンロック時にはノブが緑色に発光するタイプもあります。公共施設のトイレや更衣室など様々なシチュエーションで活用することができるBrighthandleはドアノブ業界に大きなインパクトを与えました。Brighthandleの最初のプロトタイプは2001年のミラノで発表され、同年にAlexander
LervikとFredrik ArnanderによってBrighthandle社が設立されましたが、現在は大手鍵メーカーのAssa Abloyがディストリビューションを行っています。

Lighttreeは、2,000m以上の光ファイバからなる照明です。木の高さは150cmから400cm程の大きさがあるので、街灯としての役割も果たします。Lighttreeは、2007年にオスロのNational
Museumに収蔵され、2008年にはフィンランドとスウェーデンを結ぶ道路脇にも設置される予定です。

Alexander Lervikは、プロダクトデザインのほかにも多数のインテリアデザインを手がけており、近年ではデパートやカフェ、ナイトクラブのインテリアに取り組んでいます。
posted by DL at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | furniture

May 30, 2008

Soda Designers




Leather


Lux


Eleen  photo:MDF Italia

オーストリアのウィーンを拠点とする Soda Designers は、Nada Nasrallah と Christian Horner によるデザインデュオです。
2人はThe University of Applied Arts Vienna(ウィーン応用芸術大学)とパリのENSCI/Les Ateliersでインダストリアルデザインを学んでいます。在学中に出会った2人は、デザインに対する共通の思いから2000年にSoda Designersとして活動を始めました。彼らはミラノのSottsass AssociatiやPaolo Rizzatto、パリのRadi-Designers らのもとで経験を積んでおり、数々のメーカーとのプロジェクトにも関わっています。
現在はウィーンをベースとして家具や電化製品のデザイン、インテリアデザインなどを手がけ、多数のクライアントから作品を発表しています。

Letherは、オーストリアのWittmannが今年のミラノで発表した新作です。Leatherは、チェスターフィールド調のレザーを張地に使用したゴージャスでユニークなデッキチェアで、通常のデッキチェアのようにリクライニングの調整も可能です。折りたためば約10cm程度の厚さになります。Letherは、2007年のVienna Design Weeksのプログラム、PassionswegeでのWittmannのプロジェクトへ参加したSoda Designersのプロトタイプが原型となっています。
LUXは、Ligne Rosetが今年のimm Cologneで発表した新作のサイドテーブルです。テーブルは50cm四方の正方形で、天板の端には120個の白色LEDが埋め込まれています。LEDを発光させると天板にのせたボトルやグラスが美しくライトアップされ、クローム仕上げのフレームと相まって優美でゴージャスな空間を演出します。
Eleenは、イタリアのMDFがプロデュースするベッドで、スマートなスチールパイプのフレームにポリウレタンのベースというシンプルさが特徴です。ヘッドボードは、マットレスの高さ程の低いものと、電動で高さが可動できるものとの2種類あります。Eleenは、2007年のDesignpreis der BRDにノミネートされました。
posted by DL at 13:05 | Comment(1) | TrackBack(1) | furniture

May 23, 2008

Blu Dot


Swept


Son of a Bench


Real Good


Dodu

ミネソタのミネアポリスを拠点とするデザインスタジオの Blu Dot
Blu Dotは、1997年に John Christakos、Charles Lazor、Maurice Blanks によって設立されました。3人はマサチューセッツのWilliams Collage の同級生です。学校を卒業した後はそれぞれが異なる分野で活動していましたが、アートや建築、デザインに対する共通の情熱を持った3人は、何か一緒に行動を起こそうとBlu Dotを立ち上げました。現在はJohnとMauriceの2人が中心となって活動しています。
Blu Dotの目指すゴールは、出来る限り多くの人々にグッドデザインを提供する、というところにあります。このシンプルなアイデアに基づいて、Blu Dot は機能的で優れたデザインの家具をできるだけ安価に提供できるようチャレンジを続けています。

SweptとSon of a Benchは、ともに今月開催されたICFFで発表された Blu Dot の最新コレクションからの作品です。
Sweptは、スリムな脚と扇形に広がったアームレストが特徴的なソファセットです。アームレストは見た目には華奢ですが、ステンレススチールでしっかりと補強されています。
Son of a Benchは、Blu Dot が手がけた初めてのアウトドアファニチャーです。もちろん屋内でもベンチやコーヒーテーブルとして使用することができます。ネーミングはユーモアに溢れ、複雑にループしたフォルムは、見た目もユニークです。表面は、つややかな黒いラバーで仕上げています。
Real Goodは、スチールシートをレーザーカットし、紙を折り曲げるようにして形成されています。シートに施されたミシン目がスチールのシェルに軽快な印象を与えています。
Doduは、フレームをフェルトで覆ったベッドシリーズです。フェルトはフレンチシーム(折り伏せ縫い)で縫製され、ステッチが効果的に用いられています。ヘッドボードが30cm以上と分厚いのも、Doduの特徴です。

先日のICFFに参加したBlu Dotですが、彼らの新しいコレクションは会場で好意的な反響を得たということです。今後Blu Dot は、家庭用の家具だけではなく、コントラクトのマーケットにも意欲的に進出してゆくようです。


Thank you Judy for your great help!
posted by DL at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。